クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
県内の小学校では、今週から新学期が始まったところも多いようですね!
天気が悪い日も続いているので、安全運転を心掛けたいと思います。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
夕方、日が落ちるのも早くなってきたので
自転車や歩きなどでも十分に注意を払っていきましょう!
今回は東広島市で苔が生えた瓦屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事名:屋根塗装(モニエル瓦)工事
使用材料:エポックマイルドシーラー、水系ナノシリコン他
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

寺本園子寺本園子

今回の住宅の屋根は特徴的な形をしていますね!

クリクリ笹木クリクリ笹木

写真のような屋根に使われている瓦をモニエル瓦といいます。
波型が特徴です。下地の主成分は頑丈なセメントですが、
セメント自体に防水性はありません。
塗装をする事で、雨や空気中の水分などから屋根材を守ります。

経年劣化によって表面の塗料が落ちていくと色褪せは勿論、

防水性の衰えた屋根材は水分を含んでいき、今回の様なが発生します。

寺本園子寺本園子

屋根は水分を含み過ぎてしまうと
脆くなるので、瓦の欠けや割れの原因となり、
雨漏れに進展してしまう恐れがあります。
劣化が軽度であるうちに対処するように心掛けましょう!
今回は瓦屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

2階の屋根は約6~7mの高さがあることが多く、

傾斜もあり安全に作業することは困難です。

職人が安全に効率よく作業を進められるよう足場を設置し、工事開始です。

まず、表面のけれん掛けを行います。錆やカビ、細かい汚れやスラリー層を、

ケレン具を使用し手作業で綺麗に落としていきます。

屋根の表面には、苔や古い塗膜から

「スラリー層」という着色剤の層が付着しています。

これらが残ったまま上から塗装を施しても、

耐久性に劣り、施工不良となってしまいます。

高圧洗浄機を使用し、完全に取り除いていきます。

また、必要な部分には補修や瓦の交換をしていきます。

下地の調整が終わりましたら、塗装の工程へ入ります。

屋根塗装工事では、下塗り2回、中塗り・上塗りの計4回塗装をします。

まずは下塗りです。

今回は、エポックマイルドシーラーという塗料を使用しました。

下地に深く浸透するので補強効果もあり、

中塗り・上塗りで塗るメインの塗料がしっかりと下地に密着する働きをします。

下塗りの塗料がしっかりと乾いた事を確認したら

中塗り・上塗りへと移ります。

メインの塗料では、水系ナノシリコンを使用しました。

雨や紫外線から屋根材を守る為に

しっかりと厚みを持った塗膜になるよう2回同じ塗料を塗ります。

最後に、色ムラや塗り残しがないかしっかりと確認し、

足場や保護シートを撤去して工事完了です。

今回のモニエル瓦は、2010年に生産中止となっています。

その為、もし雨漏れが発生しているなど劣化が重症化し

葺き替え工事が必要となった場合、業者の在庫状況によっては

他の屋根材に変更しなければならない可能性もあります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

モニエル瓦の塗装は、
一般的に約10年に1度が望ましいと言われています。
10年を目安にして、専門の方に診断をしてもらう事で
劣化の重症化を防ぎましょう!

寺本園子寺本園子

笹木監督、ありがとうございました。
三次市では、ピオーネの収穫が盛んです。
大粒で瑞々しい食感が、まさに秋の味覚ですよね!
お住いの事なら些細なことでもお答えします。
お気軽にご連絡ください。