修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
雨の日が続いていますね。
雨が上がっても、河川の増水や土砂災害に気を付けましょう。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
天気が回復しても、一時的に大雨になることもあります。
天気予報は常にチェックしておきましょう。
今回は屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根・外壁塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:28年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

工事開始です。

まず、屋根の表面全体を洗浄します。屋根の表面には劣化した塗膜や

風で運ばれてきた埃や塵などが残っています。

埃や塵が残ったまま塗装してしまうと、

塗料が屋根材に密着せず短期間で剥がれてしまう原因にもなります。

メイク前の洗顔と同様に、屋根も塗装前にしっかりと水で洗い流し綺麗にします。

屋根の表面の洗浄が終りましたら、下地の補修を行います。

ひび割れにはシーリング材を充填する等、

隙間を埋めて新しい塗料が内部へ入らないようにします。

下地の補修後、下塗り塗料の「ミラクシーラーエコ」を塗ります。

シーラーは下地の強化を図る為、一度乾かした後重ね塗りを行います。

また、この工程の後に塗装するメインの塗料は

屋根材を傷めてしまう可能性があります。

また、傷んだ屋根材は塗料を吸い込んでしまいやすい性質があります。

下塗り塗料のシーラーには、

このようなメインの塗料の屋根材への染み込みを防ぐ役割もあります。

シーラーを塗り、屋根表面を整えた後、メインの塗料を塗ります。

今回は「ナノシリコン」を使用しました。

中塗り・上塗りでは同じ塗料を工程を分けて重ね塗ります。

中塗りにより下塗り塗料の色消しや塗料の密着性を向上させます。

上塗りです。上塗りは必ず中塗り塗料が

完全に乾いたことを確認した後に行います。

塗料には必ず水分が含まれています。

その為、一度塗装しただけでは跡が出来てしまいます。

上塗りでは中塗りで出来た水分の跡や塗りムラなどを埋め、

耐久性や耐候性の高い屋根にしていきます。

塗料が完全に乾いたのを確認し、工事完了となります。

今回はご紹介した屋根の塗装の他、外壁の塗装工事も行いました。

実は、屋根と外壁の塗装を同時に行う方は多いです。

その理由の一つが「足場代の節約」です。

屋根や二階建ての外壁の塗装では、職人の足場を確保し安全に作業する為

足場を組み立てます。この足場の金額は決して安いものではありません。

屋根と外壁の工事を分けると其々足場代がかかってしまいますが、

同時に行うと足場代は一回分の金額になります。

 

修三レッド修三レッド

工事を分けてやるのか同時にやるのかは、
ご自宅の劣化症状や予算、事情によって変わります。
しかし、屋根も外壁もメンテンナンスをしなければ劣化してしまいます。
まずは、専門家に相談し一度ご自宅の状態を見てもらいましょう。

濱本葉子濱本葉子

川本監督、ありがとうございました。
補修工事は劣化症状が軽いうちに行うと、
工事期間や費用抑えることが出来ます。
不安定な天候が続く今だからこそ、早めに確認しておきましょうね。
屋根・外壁など不安なことがありましたら、遠慮なくご相談ください。