子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

こんにちは、鈴木です。
最近ペットとしてウサギを飼う人が増えています。
ペットのウサギの寿命は5~6年と言われていましたが、
近年では平均7~8年と延び、10年以上も珍しくないそうですよ。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
ウサギの寿命が延びてきているんですね。
なぜでしょう?


子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

飼育環境や餌が以前と比べて良くなり、
動物医療も進歩してきたことが理由の一つです。


寺本園子寺本園子

そうなんですね。
一緒に暮らしている飼い主さんにとって
少しでも長く一緒に暮らせるのは嬉しい事ですね。
先日お客様から
「もう何十年も家のメンテナンスをしていません。
外壁部分が黒いシミや塗装が剥がれて見た目が良くありません。
見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市南区で外壁の剥がれ無料診断を行いました。

外壁全体が写真でも分かるように黒いシミで汚れています。

また、ひび割れや塗装が剥がれている箇所が数か所見られました。

住宅は私達を雨風から守り、安心して暮らせる場所です。

しかし、外壁が劣化する事で、建物全体の耐久性に大きく影響します。

外壁の寿命は種類によって様々ですが、約8~10年と言われています。

 

外壁が劣化する原因は主に2つあります。

1点目は外壁が置かれている環境です。

外壁は雨風はもちろん紫外線に日々晒され続けています。

台風などの強風や交通量の多い道路に面している住宅の外壁は排気ガスや

風と一緒に飛んできた埃や土などが表面に付着し劣化していきます。

2点目は経年劣化です。

外壁に限らず、月日が経つにつれ建物は劣化していきます。

どんなに機能の良い建材を使っても、劣化を完全に防ぐことはできません。

 

では、外壁の劣化症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

外壁劣化の初期症状の一つは、チョーキング現象です。

チョーキング現象とは外壁に触ると手にチョークのような白い粉が付く現状を指します。

外壁の塗料が劣化しているサインとなります。

また、これは紫外線を浴び続ける事で起こる変色や退色といった症状も、

塗料が劣化しているサインになりますので、

放置すると次第に塗装の剥がれやひび割れが発生してきます。

外壁のひび割れはクラックとも呼ばれています。

幅が狭く小さなひび割れをヘアークラック

幅が広く深さが5mm以上のひび割れを構造クラックといいます。

ヘアークラックは塗料の表面的なひび割れに対し、

構造クラックはひびが深いことから、

表面だけでなく外壁内部にも影響を及ぼしている可能性があります。

 

外壁の劣化は放置すると、

住宅に様々な被害を及ぼす可能性があります。

ひび割れや剥がれた箇所から内部に雨水が染み込み、

構造部分である鉄筋などを腐敗させ、耐久性を低下させてしまう恐れがあります。

子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

身体の病気と同様に早期発見が大事です。
定期的にメンテナンスを行いましょう。


寺本園子寺本園子

鈴木主任、ありがとうございました。
北海道最北にある旅館「川島旅館」は幻の温泉がある珍しい宿です。
オイル効果で湯冷めしにくく、石油の匂いがほのかに漂い、
肌がしっとりとすると人気があるお宿だそうです。
夏休み最後の週末は是非ご家族で大自然と
珍しい温泉に入れる北海道で夏の疲れを癒してみるのもいいですね。
お住まいの事で分からない事がありましたらいつでもご相談下さい。