中本かおり中本かおり

こんにちは、中本です。
「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」
という言葉で有名なマリーアントワネットを山根さんはご存知ですか?

山根夕佳山根夕佳

もちろん、知ってます!
歴史の授業で習うとても有名なセリフですよね。

中本かおり中本かおり

そうですね。
実はこの言葉、彼女が発言したという証拠は一切残っていないんです。
マリーアントワネットは浪費家だったので
言葉だけが一人歩きして有名になったようですね。

山根夕佳山根夕佳

そうだったんですね。
本人が言っていない言葉が有名になるなんて不思議ですね。
とても勉強になりました。
今回は山口県岩国市でウッドデッキの塗装工事を行いました。

工事情報

工事名:ウッドデッキ塗装工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

山根夕佳山根夕佳

デッキの木材がかなり傷んでいますね。

中本かおり中本かおり

木材は一般的に3~5年の頻度で
塗り替えをすると長持ちすると言われています。
素材の色褪せやひび割れなどが見られた場合は、
塗装などのメンテナンスを行いましょう。

お住まいにウッドデッキがあれば外観もおしゃれになり、

バーベキューもできるなど便利ですよね。

そんなウッドデッキのメンテナンスはどのようにしたらいいのでしょうか?

木材は水分を吸収しやすい為、外壁や屋根と比べて劣化が早く進みますので

定期的に塗装を行わなければなりません。

塗料を木材に染み込ませ、防腐効果を持たせて

雨水や紫外線の影響を受けにくくすることが重要です。

塗装を行う際はご自身でするよりも、

専門の業者に依頼する方が費用対効果が高いので

塗装の剥がれや木材の色あせが見られたらまずは専門家に相談してみましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回はウッドデッキの塗り替えの様子をご紹介します。

工事開始です。

まずは塗料の付着を防ぐために塗装箇所以外をビニールで保護します。

ローラーでの塗装でも塗料は予想するよりも飛び散るので、

しっかりと養生をしておかなければなりません。

養生後は木材に付着した汚れを落とすケレン掛けを行い、表面を綺麗にします。

腐食や破損しているデッキ部分を補修します。

木材は風雨によって劣化し、腐食でボロボロになります。

そのような箇所を放置していると床や足場が抜けてしまい、

けがをする恐れがあるので傷んだ木材は貼り替える必要があります。

下地の調整が終わりましたら次は塗装工程です。

木材の隙間やコーナー部分から平面へと順番に

刷毛やローラーで木目にそって一本ずつ丁寧に塗っていきます。

一度塗りでは色味が薄く、塗料の効果が発揮できないので塗装の重ね塗りをします。

塗料が完全に乾いたら工事完了です。

中本かおり中本かおり

再塗装によって本来の色が戻り、
見栄えも良くなりましたね。
ウッドデッキは定期的な修理またはメンテナンスが必要になりますので
まずは専門の業者の診断を受けることから始めましょう。

山根夕佳山根夕佳

中本さん、ありがとうございました。
米軍内で宇宙領域の軍事活動を統括する「宇宙軍」の発足が発表されました。
なんだか映画のような話ですが、
いつか宇宙の存在が身近になる日が来るといいですね。
家に関する悩みや相談などがございましたら、
お気軽にご連絡ください。