恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
「亀の甲より年の劫」とはよく言いますが、
なぜ、この2つの漢字を使っているのかという理由には
同じ音なので同音でリズムを良くするためといった洒落の意味もあるようです。

寺本園子寺本園子

そうなんですね。
確かに口に出してみると言いやすいリズムになりますね。
今回は広島県広島市南区で外壁の塗装工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:外壁塗装工事

使用材料:セラミシリコン他

築年数:35年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

外壁がひび割れていたり、剥れていたららどうすればいいのでしょうか?

外壁のトラブルにはそれぞれ症状に合わせた補修方法があります。

・ひび割れや剥れが見られる

これらの傷はシーリングを充填したり、モルタルを塗って補修を行います。

・汚れが付いている

カビや苔・藻が付着しているので高圧洗浄機で洗浄をします。

・コーキング材のひび割れ

コーキングが劣化しているため、打ち替えが必要になります。

上記のような劣化症状が外壁に現れたら、

まずは専門家による診断を受けておきましょう。

恩返し亀岡恩返し亀岡

専門の業者に見てもらうことで
外壁の傷みの状況や目に見えない劣化を発見することができます。
全体的な補修が必要なのか、部分的な補修で済むのか、
まずは診断を受けて確認しておきましょう。

寺本園子寺本園子

今回は外壁の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まずは作業用の足場を組み、住居全体を保護シートでカバーし

高圧洗浄機で洗浄を行います。

このような洗浄作業や塗装工程で水、塗料が飛び散ることがありますので

事前に飛散防止を行います。

洗浄後はひび割れの補修(クラック補修)を行います。

塗装前に下地処理をし、塗料が付着しやすい状態を作ることが早期の劣化を防ぐポイントです。

補修後は下塗りに入ります。

最初に接着剤のような役割を果たす塗料を塗り、

仕上げに塗る塗料の密着力を高めておきます。

下塗りが終わりましたら「セラミシリコン」を

中塗り・上塗りの工程で重ね塗りをします。

塗料が本来持つ性能を発揮させるには下塗りを含めた3回塗りが必要になります。

この工程では2度同じ塗料を塗ることで塗膜に厚みを持たせることが目的です。

塗装が完全に乾いたら工事完了です。

一般的に外壁の塗装は10年ごとに塗り替えが必要と言われていますが、

実はこの数字は必ずしも確実とは言えません。

恩返し亀岡恩返し亀岡

塗装が必要なタイミングは住宅周辺の環境や地域の気候、
劣化の状況にもよるのであくまでも10年が目安とされています。
とはいえ、どんな家でも年月が経つごとに必ず傷みは出てきます。
定期的に診断やメンテナンスを受けるようにしておきましょう

寺本園子寺本園子

亀岡さん、ありがとうございました。
台風13号(レンレン)が新たに発生しました。
外出の際は傘を忘れず持って行くようにしておきましょう。
外壁や屋根の塗装をお考えの際は、
遠慮なくお問い合わせください。