大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
夏休みも終わりましたが、
今年は携帯型の扇風機がヒットしたそうです。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
家電量販店や100円ショップなどの雑貨屋さんでもよく見かけました。


大高下イエロー大高下イエロー

夏は気温が高い日が多かったことや
その手軽さが人気の1つだそうですね。
最近は気温が下がってはきていますが、日中はまだまだ暑いです。
しっかりと対策しておきましょう。


寺本園子寺本園子

今回は広島市南区で床下の防蟻リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下防蟻工事
使用材料:レブライト、WOODGO他
築年数:38年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

住宅に被害を及ぼす原因の一つがシロアリなどの害虫被害です。

シロアリは木材や湿気を好むため、

住宅の床下はシロアリにとって格好の食材なんです。

床下の防蟻処理は、床のみではなく

住宅全体の耐久性を上げる上で大切な工事となります。

シロアリは、暗くて湿気の多い場所を好みます。

一度、床下・お風呂場付近に住み着くと、どんどん被害は拡大してしまいます。

 

工事開始です。

床下に潜る前に、床の周辺などが傷つかないよう

ビニールシートやテープを使用して保護(養生)します。

養生を済ませた後、床下へ潜ります。

まず、床下の木材をけれん掛けします。

けれん掛けとは、ヘラやサンドペーパーを用いて

木部に付着した汚れなどを落とすことです。

手作業で落とす為時間はかかりますが、

後に塗る塗料の付着率を向上させる為一本一本丁寧に行います。

けれん掛けが終りましたら、薬剤漂白材のレブライトを塗ります。

塗装前に漂白剤を使用することで、木材に付着したシミ抜きを行います。

次に、防蟻効果のある塗料「WOODGO」を塗布します。

写真で塗っている黒い塗料です。

WOODGOは木材を腐らせる原因となる腐朽菌や、

湿気を好むシロアリを寄せつけない効果があります。

また、湿気が溜まりやすい床下ですが、

塗膜による防水効果もあるため耐久性を高めることが出来ます。

塗料が乾いたのを確認し、工事完了となります。

防蟻処理をしないまま放置してしまうと、

住宅は土台から崩れてしまいます。

シロアリは住宅に必要不可欠な木材を食べてしまい、

木材に穴が開き、最終的に住宅を支えられなくなるからです。

また、地震など大きな自然災害が起こると

その衝撃でも崩れてしまう恐れがあります。

多くのお住まいで防蟻処理は、新築時に行われます。

しかし、一度防蟻を行っても経年劣化により、

塗料の効果が薄れている場合もあります。

大高下イエロー大高下イエロー

現在、大きな被害がなくとも、
防蟻処理をして年数が経っている場合は、
早めに再度防蟻処理を行うようにしましょう。

寺本園子寺本園子

大高下所長、ありがとうございました。
シロアリの被害は床下など目に見えない形で進行します。
その為、早期発見が難しく気付いた時には
被害が大きくなっていることも珍しくありません。
お住まいの健康を守る為にも、
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。
床下や塀、内装などの工事も行っております。
お気軽にご相談ください。