イケメン細川イケメン細川

こんにちは、細川です。
「缶詰」の誕生には、
ある歴史上の人物が関係しているとご存知ですか?


小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
え~誰なんでしょう?


イケメン細川イケメン細川

答えは「ナポレオン」です。
ナポレオンが遠征に行く際に
保存食があれば便利だということで、
検証を付けてアイデアを募集したそうです。
そこで、ある一人のフランス人が鉄の缶に
食品を入れる方法を応募したことが始まりだそうです。


小田切美恵小田切美恵

なるほど。今では当たり前となっている缶詰にも、
面白い歴史があるのですね。
今回は広島市西区でモニエル瓦屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:モニエル瓦屋根の塗装工事
使用材料:ファインプライマー、ナノシリコン他
築年数:34年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回、依頼のあった屋根は「モニエル瓦」でした。

モニエル瓦は日本モニエル株式会社が

生産していたセメント製の屋根材です。

しかし、日本モニエルは2006年に廃業してしまい、

モニエル瓦の生産は停止となりました。

現在は築20年以上の住宅に多く見られ、

瓦に凹凸が見られることが特徴の1つです。

生産が停止している為、他の瓦の様に一部が破損すると

その部分だけ交換というのは在庫がない限りは難しくなります。

その為、モニエル瓦が破損すると一部を別の瓦で補填するか、

屋根の素材を全て替える葺き替え工事をする場合もあります。

イケメン細川イケメン細川

今回のように塗装のみで補修可能な場合もありますので、
まずは専門家に相談してみましょう。

工事開始です。

まず、瓦屋根の表面をけれん掛けします。

けれん掛けとは、専用のブラシやサンドペーパー等を用いて、

屋根の表面に付着したカビ汚れや苔、錆を落とす作業を言います。

一枚一枚、手作業で落としていく為、手間と時間がかかりますが、

新しい塗料が長持ちする為には欠かせません。

次に、高圧洗浄機を用いて屋根の表面の汚れを落とします。

ただ水を流して清掃するのではなく、強い水圧で汚れを洗い流すことで

古い塗膜や塵、埃を落とすことができます。

洗浄後、屋根が乾いたのを確認し、塗装工程へと移ります。

屋根の塗装では、下塗り2回、中塗り・上塗りの計4回行います。

下塗りは屋根材の表面を整えるだけでなく、

傷んで塗料が染み込みやすい屋根材が、

メインの塗料を吸い込み傷まないようにするという役割もあります。

今回は「ファインプライマー」を使用しました。

次に中塗りとして「ナノシリコン」を塗ります。

屋根・外壁の塗装では、中塗り・上塗りの塗料は同じものを使用します。

一度のみではなく、重ねて塗ることで塗膜に厚みを持たせ、

塗料の効果を持続し屋根の耐久性を向上させます。

また、この際にひび割れ(クラック)など傷んだ箇所には、

シーリング材を充填し補修をしておきます。

上塗りのナノシリコンを塗ります。

上塗りは塗料の効果だけでなく、施工後の美観にも大きく影響します。

塗り残しが無いように丁寧に塗装します。

また、ローラーが届かない細かな部分には刷毛などを使用します。

鉄部にはウレタンを塗り仕上げます。

以上、塗料が乾きましたら工事完了です。

瓦の塗装は、その種類によって目的が異なります。

日本瓦であれば、耐久性は十分ありますので美観を目的とした塗装が多く、

今回のようなモニエル瓦やセメント瓦であれば、

製造の段階で塗装している為、塗装が必要不可欠となります。

イケメン細川イケメン細川

瓦の種類・耐久年数に応じて、
適切な修理を行いましょうね。

小田切美恵小田切美恵

細川所長、ありがとうございました。
9月になりましたが、雨や台風等天候はまだ荒れるようですね。
いざという時の為に、もう一度避難場所や道具を確認しておきましょう。
屋根・外壁などお住まいのお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。