大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
毎年多くの人が集まる宮島水中花火大会ですが、
来年はすでに中止が決まっているそうですね。


人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
そうみたいですね。来年行われるオリンピックの開催と重なり、
警備人員の確保が難しいからだそうです。


大高下イエロー大高下イエロー

毎年約30万人の見物客が集まる為、
県警や海上保安部など300人以上が陸と海上で警備しているんだそうですよ。


人総部T女史人総部T女史

そうなんですね。
私達の安全の為にあんなにたくさんの人たちが見守ってくれていたんですね。
中止は寂しいですが、安全面を考えたら仕方ないのかもしれませんね。
先日お客様から、
「外壁のひび割れが目立ってきました。
一度確認していただけませんか?」
とご連絡を頂き、広島市佐伯区でひび割れた外壁の無料診断を行いました。

拝見したところ、外壁の角や目地部分に大きなひび割れが見られました。

また、窓付近では黒いシミや苔が発生していました。

外壁は日々紫外線雨風に晒され続けています。

外壁のひび割れはクラックとも呼ばれ、劣化症状の一つと言われています。

ひび割れが起こる原因は、

住宅周辺の環境や天候によって異なります。

また、近年多く発生している地震や自動車や電車などが通る際の

振動によってもクラックが起こることがあります。

クラックの種類は、主に4種類あります。

0.3mm以下で髪の毛程の細いひび割れをヘアークラック

地盤沈下地震などにより起こるひび割れを構造クラック

乾燥収縮を繰り返すことで起こる乾燥クラック

繫ぎ目部分等にひび割れが発生する縁切れクラックです。

特に注意すべきは、構造クラックです。

ひび割れが外壁内部まで達している可能性があり、

外壁劣化の原因となる雨が内部まで入り込んでしまうからです。

今回のようにひび割れや剥離と言った症状が見られたら、

劣化が進行している危険性があります。

雨漏り等の症状があると、外壁の塗装工事のみではなく内部の補修も必要となり、

その分工事費用や期間がかかってしまいます。

こまめなメンテンナンスが、コスト軽減に繋がるのです。

大高下イエロー大高下イエロー

外壁劣化の初期症状の1つにチョーキング現象があります。
チョーキング現象とは壁を手で触れると、白い粉が付着する現象です。
チョーキング現象が見られたら、塗り替えの時期が近付いているサインです。
注意しておきましょうね。


人総部T女史人総部T女史

大高下所長、ありがとうございました。
実りの秋がやってきました。
千葉県にある市立小学校では1年を通して無農薬の稲作に取り組み、
米作りを体験したそうです。収穫が楽しみですね。
外壁や屋根などお住まいの事は、なんでもご相談下さい。