山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
「ミイラ取りがミイラになる」ということわざはよく使われていますが、
この言葉は「ミイラ」を作る際に必要な防腐剤を
採取しに砂漠に行った人が過酷な旅で途中で息絶えてしまうことが
多かったことが語源とされています。

浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
ことわざや熟語の由来を調べると色んな背景が見えてくるから面白いですね。
今回は広島市安佐南区で屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事・外構工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

 

浅田愛美浅田愛美

今回はどんな工事をしたんですか?

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

今回は屋根の葺き替え工事と塀の塗装工事を行いました。
屋根の葺き替えは屋根材の劣化具合を見て工事のタイミングを決める必要があります。
雨漏りや屋根がゆがんでいたら修理が必要なサインです。
専門家に一度見てもらいましょう。

浅田愛美浅田愛美

今回は瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。

屋根は家の内部と違い野ざらしの為、

強風や日光、雨の影響を直接受けています。

瓦のように耐久性の高い屋根材を使っていてもメンテナンスは必要になります。

劣化が屋根の内部まで進んでしまう前に早期発見できるよう対処しておきましょう。

 

工事開始です。

まずは既存の瓦と古くなった葺土を取り除きます。

屋根の上は勾配が急かつ足場が不安定なので慎重に作業を行います。

下地の野地板の状態を確認し、傷みがあれば補修を行い、

上からルーフィング(防水シート)と瓦を引っ掛ける桟木を取り付けます。

葺き替え工事は雨が大敵となりますので

瓦の隙間から入った雨水の下地への侵入を防ぐ防水シートの取付までの工程を

一日で終わらせることもあります。

新しい瓦を設置します。

今回は「石州瓦」を使って葺き替えを行います。

この瓦は雨や塩害に強いだけでなく、断熱性も高いなどの特徴を持った屋根材です。

瓦のような重量のあるものを落下させると事故に繋がる可能性がありますので、

瓦を一枚ずつ丁寧に取付けていきます。

工事完了です。

 

瓦屋根を専門家に診断してもらう目安は

1回目のメンテナンスから10年程経過したときが望ましいとされています。

瓦の耐久性は50年以上とされていますが、下地の防水シートの耐用年数は15年程しかありません。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

外から見える劣化だけでなく、
内側に潜む傷みも調べておかなければなりません。
定期的に専門の業者によるメンテナンスを受けましょう。

浅田愛美浅田愛美

山崎部長、ありがとうございました。
広島城の遺跡の発掘調査で出土した遺物の展示会が始まりました。
江戸時代の人々がどのような暮らしをしていたかなどを
知ることができるようなので一度行ってみたいですね。
屋根や外壁など住まいのことでお悩みの方はお気軽にご連絡ください。