恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、恩返し亀岡です。 先日、バリ島で頭部が二つあるヘビを村人が発見したそうです。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。 そうなんですか!面白い蛇ですね。

恩返し亀岡恩返し亀岡

手のひらに収まるほどの 大きさだったそうですよ。

瀧本紗也香瀧本紗也香

手のひらの大きさと言う事は生まれたばかり だったんでしょうか? ヘビは正直怖いですけど、大きく成長してくれるといいですね。 先日お客様から、 「家を建てて一度も屋根のメンテナンスをしていません。 台風も多いので、確認してもらえませんか?」 とご連絡を頂き、広島市安佐南区で色褪せした屋根の無料診断を行いました。

写真からも分かるように屋根表面の色褪せが酷く、 所々塗装が剥がれている箇所も見られました。 こちらのお住まいのような屋根をスレート屋根と言います。 スレート屋根には化粧スレート天然スレートの2種類があります。 天然スレートは天然鉱物石を薄い板状に加工し使用しています。 化粧スレートに比べ価格が高額のため、 地震が多い日本ではあまり使用されてはいませんが、 古くからヨーロッパなどの海外で多く使用されています。 一方、化粧スレートは主原料のセメントに繊維材料を混ぜ合わせた薄さ約5mmほどの屋根材です。 薄くて軽く丈夫で施工が簡単なため近年、多く使用されています。 そんなスレート屋根の耐久年数は約20~30年だと言われています。 スレート屋根は主原料がセメントと水分を吸収しやすい性質があり、 防水性などを補う為表面を上から塗装して仕上げています。 屋根は日々、紫外線や雨風に晒され続けています。 劣化して塗装が剥がれたスレート屋根は雨や冬場の雪が降ると、 雨水などといった水分を吸収し、脆くなり傷みの原因になってしまうのです。 傷みの症状の初期段階として色褪せが発生してきます。 これは、塗膜の効果が低下して起こる現象です。 約7~10年くらいで茶色のが発生します。 また、スレート材が水分を含むと膨張し、 乾燥・収縮を繰り返すことで少しずつひび割れ反りが発生します。 これらの動きに屋根材が耐えられず、 欠けてしまったり少し力が加わっただけでも割れてしまう危険性があります。 一度反ってしまうとスレート材は自然に元には戻りません。 また、劣化したままの状態で放置してしまうと、 傷んだ部分やひび割れや欠けた部分から、 雨水が中に浸透し内部の木材などが腐食していき、雨漏りの原因に繋がってしまいます。 雨漏りしてしまうと塗装工事では修理できなくなります。 その場合は屋根材を一度すべて外し下地から設置する葺き替え工事になる等、 工事内容も大きなものとなり、その分お金もかかってしまいます。
恩返し亀岡恩返し亀岡

屋根は外壁などとは異なり、 自分ではなかなか確認できない場所です。 定期的にメンテナンス行い、安心して暮らせるようにしましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

亀岡さん、ありがとうございました。 尾道市のある古民家カフェでは、絶品ランチがいただけるそうです。 窓から見える景色を眺めながら ゆっくりとした時間を過ごしてみるのもいいですね。 屋根や外壁等で困ったことがありましたら、 私たちにご相談ください。