阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部です。
9月も中旬に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。

古市友莉奈古市友莉奈

こんにちは、古市です。
そうですね。例年に比べて気温の高い日が続いていますので、
熱中症には気を付けましょうね。
今回は広島市南区で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事

築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

 

葺き替え工事とは既存の屋根材を撤去し、新しいものを設置する工事です。

この工事の場合は屋根や外壁塗装工事や漆喰補修の工事と異なり、

野地板やルーフィングシートのような下地の補修も行うので時間や費用がかかります。

その分、屋根材から下地まで全て補修する事ができるので

長期的なコストパフォーマンスを考えると部分補修や塗装に比べてお得とも言えます。

ご自身のお住まいの屋根にはどんな補修が必要なのか知っておくためにも、

まずは屋根の専門家による診断を受けてみましょう。

 

工事開始です。

まずは作業用の足場を組み、屋根に上って劣化した瓦を取り外していきます。

瓦屋根は勾配が急な為、

屋根材の落下や転落などの事故に注意しながら慎重に作業を行います。

撤去作業後は下地の補修を行います。

瓦の下地である野地板が腐食している場合は補修を行います。

下地の傷みは屋根材を取り外さなければ気づくことができません。

劣化に早く気付くためには定期的に専門家に見てもらうことが重要です。

下地の補修後はルーフィングシート(防水紙)を貼っていきます。

防水紙を張り、上から桟木を取付けたら新しい屋根材を均等に並べていきます。

今回は石州瓦を設置しました。

瓦を並べ直した後に棟を積み替えます。

棟桟木で土台を作り周りを漆喰で固めます。最後に上から棟瓦を被せ工事完了です。

台風や大雨の翌日に天井から雨漏れしていたなんてことはありませんか?

雨漏れの原因は瓦の破損やルーフィングシートなどの下地の損傷だけではありません。

瓦同士を繋ぐ漆喰の劣化も雨漏りを引き起こす要因の一つです。

漆喰は瓦と異なり、耐久性が20年前後しかありませんので

経年劣化によって剥がれや崩れなどの症状が見られます。

多くの瓦屋根には漆喰が使用されていますので、

瓦だけでなく漆喰の劣化も日頃から確認しておきましょう。

阿部でございます阿部でございます

瓦屋根は他の屋根材に比べ
耐用年数が50年以上と最長ですが、
台風や地震などの自然災害が発生した後は
瓦が破損したり、ズレることがあります。
部分的な補修だけでなく、
屋根全体のメンテナンスを行うようにしておきましょう。

古市友莉奈古市友莉奈

阿部さん、ありがとうございました。
今日から三連休ですね。連休後半は雨が降りやすいそうなので
お出かけの際は傘を忘れなれいようにしましょう。
屋根のメンテナンスがしたい、
診断を受けたいとお考えの方は遠慮なくお問い合わせください。