恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
東京都青梅市では、AIがごみ処理の質問を受け付けているそうです。


浅田愛美浅田愛美

こんにちは、浅田です。
地域によってゴミ出しのルールが違いますから、
いざという時に頼りになるのでいいですね。
全国でもこのようなサービスが普及するといいですね。
今回は広島市佐伯区で瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根の葺き替え・外壁塗装工事
築年数:46年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

屋根の工事の際には今回のように外壁の塗装工事も行うこともあります。

その理由として、工事費用・期間の節約が挙げられます。

屋根の工事では、職人の安全面や作業効率を考慮して

工事前に足場を組み立てます。

また、外壁の工事でも2階部分など高所を施工する場合なども

同様に足場を組み立てます。

この足場は必要不可欠なものではありますが、決して安くありません。

その為、屋根の工事と外壁の工事を分けて行うと

2回足場を組み立てる必要があります。

つまり2回分の足場代が必要になるのです。

しかし、屋根の工事と外壁の工事を同時に行うと足場代を1回分節約できます。

浅田愛美浅田愛美

お家の補修やリフォームは安価ではありません。
ご家庭の負担を減らし、満足できるリフォームをしましょう。
今回は瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。

工事開始です。

まず、傷んだ既存の瓦の撤去作業から入ります。

屋根から取り外した瓦は一か所に纏めておき、管理します。

瓦は一枚当たりの重量がある為、

屋根などの高所から落下すると車や自転車を傷つけしまったり、

人に当たると大怪我をする恐れがあります。

事故に繋がりますので、瓦の管理には細心の注意を払います。

次に瓦下にある防水紙(ルーフィングシート)を交換します。

瓦下の下地部分は普段なかなか見ることが出来ません。

今回のように瓦を1度撤去し、再度並べ直す葺き替え工事の際には

傷んだ下地は交換することが出来ます。

防水紙を敷いた後、瓦を引っ掛ける瓦桟木を打ちます。

瓦桟木がずれてしまうと瓦を並べた時に隙間が出来てしまう等の

不具合が出る可能性があります。バランスを見つつ打ち込みを行います。

また、強力棟用の金具の取り付け作業も同時に行います。

瓦桟木に新しい瓦を並べる葺き替え作業に入ります。

今回は既存の瓦が傷んでいた為、全て新しい瓦を葺き替えますが、

瓦自体が傷んでいない場合は、傷んだ一部の瓦のみ交換や

既存の瓦を使って再度並べ直すことができます。

瓦は一枚ずつ取り外しができる為、他の屋根材と異なり

一部の交換が出来る事がメリットの一つです。

また、新しい瓦を並べる際にはステンレス製の谷板金の取付け作業も行います。

ステンレスはキッチン等の水廻りにも使用されているほど水に強い素材です。

屋根は雨風を受けることが多い為、

鉄製だと錆が発生し耐久性が低下することがあります。

今回のように屋根の工事では、

一部の素材を今までのものと変更し耐久性を上げることもできます。

次に雪止瓦を取り付けます。

瓦を並べ直したら、棟の積み替えを行います。

棟にはまず土台となる強力棟用の垂木を取り付けます。

この垂木の周辺に漆喰を塗り、最後に半円の棟瓦を設置すれば棟の完成です。

最後に瓦や漆喰の状態を確認し工事完了となります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

今年も日本各地で台風や豪雨などの
自然災害による被害が出ています。
今できる補修やリフォームで、
いざという時も安心できるお住まいにしましょう。

浅田愛美浅田愛美

亀岡さん、ありがとうございました。
今週の三連休も天気が悪い日があるそうです。
まずお住まいの現状を専門家の目で確認しておきましょう。
お気軽にご相談ください。