修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
カボチャの美味しい季節がやってきました。
日本の生産量5割を占めている北海道で
最も多く栽培されているのは「えびす」という名の
西洋カボチャだそうですよ。
Tさんは知ってましたか?


人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
そうなんですか!和風な名前なのに、
西洋カボチャだなんて矛盾しているような気がしますね。


修三レッド修三レッド

「日本カボチャ」は煮物などの和食向きで
昭和40年代ころまで食卓によく出ていました。
しかし、現在日本で食べられているほとんどは
甘みの強い西洋カボチャなんだそうです。
特に今年のカボチャは甘くてホクホク感がたまらないそうです。


人総部T女史人総部T女史

想像しただけでも
おなかが空いてきました。今日の夕食のおかずは
カボチャの煮物にしようと思います。
先日お客様から、
「これまで屋根のメンテナンスしていません。
一度見に来てほしいのですが。」
とご連絡を頂き、広島市佐伯区で色褪せたトタン屋根の無料診断を行いました。

写真のようにトタン屋根全体が色褪せし、塗装が剥がれていました。

また、苔が発生している所もありました。

こちらのお住まいのような屋根は、トタン屋根や瓦棒(かわらぼう)屋根と呼ばれています。

瓦棒屋根は瓦という文字が入っていますが瓦屋根ではなく金属製の屋根です。

屋根の一番高い棟の部分から軒先まで1枚の金属板が設置されるため

つなぎ目も少なく、勾配が緩やかな屋根にも使用できます。

また、軽量で他の屋根材に比べて低価格で、

塗装をする事でお好みの色に変える事が出来るのもメリットの一つです。

しかし、素材が鉄のため錆びやすいことや

耐久性や断熱性が弱く夏場など熱を通しやすい性質がある為、

室内が熱くなってしまう、雨音や外部からの音が響きやすいといったデメリットがあります。

特に激しい雨の日などは、雨音がうるさくて眠れないという方もいるそうです。

また、鉄は一度錆びてしまうとサビがサビを呼んで進行し、

錆びた所から穴が開き、そこから雨漏りが発生してしまう危険性があります。

 

今回のように瓦棒屋根の表面が色褪せてしまった、

苔が発生している場合のメンテナンス方法として塗装工事を行います。

トタン屋根の塗装工事では、

まず最初に汚れや錆び付いた部分をヤスリなどのような専用工具で

錆びや汚れを擦り落とすケレンという作業を行います。

そのあと、高圧洗浄で埃や苔などを落とし、

塗装を行う前に下地の補修として浮いた釘やトタンの打ち直しを行います。

これらの工程が終り、メインの塗装工事として

塗料を下塗り中塗り上塗りと塗っていきます。

修三レッド修三レッド

劣化が進行し悪化した状態や雨漏りしてしまったら、
その分メンテナンス費用や日数がかかってしまいます。
早めのメンテナンスを行いましょう。


人総部T女史人総部T女史

川本監督、ありがとうございました。
先日の台風15号の影響で千葉県内では6万を超える家が停電しています。
多くの学校では授業が再開されたそうですが、
給食センターの屋根が壊されるなどの被害を受け、
給食が出せないという問題点を抱えているそうです。
早く復旧する事を願っています。
8月から9月にかけては台風の発生数が一年のうちで最も多い時期です。
今年の秋も平年並みか平年より多い発生数が予想されています。
十分にお気をつけください。
屋根の事やお住まいの事で気になる事がありましたら、
いつでも私達にご相談下さい。