レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、小泉です。
リンゴのマークで有名な大手企業が折り畳みスマートフォンの
開発を発表しました。
発売時期は2年後ですが今から楽しみですね。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
そうですね。一体どんなものが出来上がるのかワクワクします。
今回は広島市安佐北区でベランダの防水工事を行いました。

工事情報

工事内容:ベランダ防水工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

築10年も経っていないのにベランダの床がひび割れている、

なんて症状はありませんか?

一戸建ての住宅のベランダや屋上には防水の施工がされていますが、

この塗装は新築時から数年程度でひび割れていきます。

ベランダやバルコニーは劣化を防ぐため、

定期的に塗装のメンテナンスが必要になります。

劣化の症状が軽度であれば、費用を抑えることができますが、

ひび割れや剥がれなどの劣化を放置しておくと

下地の補修も含めた処理が必要になるので工事費用が高くなります。

ベランダの防水工事は屋根や外壁と同様に専門の塗装業者によって行われるので

気になる方は一度専門家に見てもらいましょう。

濱本葉子濱本葉子

今回はベランダの防水リフォーム工事の様子をご紹介いたします。

工事の様子

まずはコンクリートや防水層の表面に付着している埃や苔を

高圧洗浄機で汚れを落としていきます。

表面を綺麗にすることで塗料のノリを良くしておくことがこの工程の目的です。

洗浄後は下塗り塗料を塗布し、

防水層が下地の影響を受けないようにする絶縁シートを施工します。

貼り付けの際はしわやふくれが無いように施工していきます。

次にウレタン塗膜防水材の塗装をします。

この塗料は伸縮性が高く、防水層が伸びる性質があるので

ひび割れを起こしにくくしてれます。

塗料を塗布することで新たに防水層を形成します。

最後に防水層を保護するトップコートを塗布したら工事完了です。

 

ベランダやバルコニーの塗装が劣化するとどうなるのでしょうか?

ベランダやバルコニーなど、

日ごろから紫外線や雨水に晒される場所の床面には防水加工がされています。

しかし、この塗装による施工も劣化を避けることはできません。

下地に侵入した雨水が雨漏りを引き起こすこともあります。

そのような状況になると建物内部の腐食にも繋がり、

家全体の寿命を縮めてしまいます。

レインボー小泉レインボー小泉

雨漏りによる腐食から建物を守るためにも
一年に一度は専門家による診断を受けるなどのメンテナンスを行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

小泉部長、ありがとうございました。
北海道の旭岳と黒岳で初雪が観測されました。
暑い日が続いていますが、
季節は少しずつ変わっているようなので安心ですね。
ベランダやバルコニーの防水処理は弊社にお任せください。