修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
またしても台風が発生してしまいましたね。
強い勢力に発達する恐れがあるそうで、
今後の動きに注意が必要ですね。


人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
今年も日本各地で台風による被害が相次いでいますよね。
今できる準備や対策を行いましょう。
今回は広島市東区で瓦屋根の漆喰補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根棟積み替え工事
築年数:45年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

工事開始です。

まず傷んだ既存の棟を崩し、撤去します。

次に下地から交換し、周囲に棟の土台となる漆喰を詰めます。

棟の周囲には「のし瓦」と呼ばれる瓦が並べてあります。

のし瓦とは、屋根の頂上部分(棟)にかかる雨水を棟内部に入れず、

左右に流す為に積まれる瓦を指します。

実はこののし瓦、種類はなんと30種類以上もあるのです。

屋根のデザインや予算、機能などを考慮して、

あなたの住宅に合ったのし瓦を設置します。

のし瓦が高く積まれるほどデザイン性は高くなりますが、

棟の高さが高くなってしまう為、

風の影響も受けやすくなるといったデメリットもあります。

棟の積み替えには高い施工技術が必要不可欠なのです。

このような重要な役割のある瓦を漆喰の周りに、1枚1枚丁寧に並べます。

最後に上から棟瓦を被せ、棟の積み替えは完了となります。

次に傷んだ漆喰を塗り替える工事を行います。

今回のお住まいの様に、棟にデザインが施されている場合でも

漆喰は年月が経つことで徐々に崩れていきます。

棟と同様、まずは傷んだ漆喰を撤去します。

撤去直後は漆喰下の葺き土の表面がデコボコしているので、

工具を使用して整えます。

次に葺き土を霧吹きなどで軽く湿らせ、新しい漆喰を詰めます。

最後に工具などを用いて表面を平らに整え、

漆喰乾燥後工事完了となります。

 

漆喰の塗り替え工事などは工程も分かりやすい為、

自分でもやってみようとDIYを検討される方もいらっしゃいます。

しかし、弊社ではDIYによる補修はおすすめできません。

理由は様々ですが、その1つは漆喰が短期間で剥がれてしまう、

また傷みが悪化する可能性があるからです。

傾斜があり高所である屋根の上での作業は、

地上よりも難しく予定通りに作業が進まない、慣れてなければ上手く施工ができません。

また慣れないうちに瓦屋根の上を歩くと、瓦を踏んで割ってしまう恐れもあります。

短期間の再補修や瓦の交換など、トータルで考えると費用はかかってしまいます。

修三レッド修三レッド

屋根などの高所からの落下は大怪我に繋がります。
安全かつ確実に補修する為にも、
一度専門家に診てもらうようにしましょう。

人総部T女史人総部T女史

川本監督、ありがとうございました。
10月に入り商品やお店のディスプレイに
ハロウィンが目立つようになりました。
近年、東京などの都市では仮装して楽しむ方も多いですよね。
今年はトラブルのない、楽しいハロウィンにしたいですね。
屋根や外壁など、お困りごとがありましたら
お気軽にご相談ください。