グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。 本日は広島県内でも、一部の地域で短期間に大雨となりましたね。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。 朝方は晴れていたのでびっくりしました。 急な雨でも対応できるように、折り畳み傘は必須ですね。

グレイト石川グレイト石川

関東では千葉県などで土砂崩れも起きています。 雨を軽視せず、最新の情報をチェックしましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は東広島市で外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事 使用材料:プレミアムフィーラー、プレミアムシリコン他 築年数:35年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

工事開始です。 まず高圧洗浄機で外壁の表面に付着した汚れを落とします。 外壁には風や雨、車から排出されるガス等によって表面が劣化します。 色褪せや手に白い粉が付着するチョーキング現象は、初期の劣化サインです。 傷んだ外壁の表面には塗装が剥がれてしまう等の劣化も見られます。 そのような場合はすぐに上から塗装を行わず、 傷んだ周辺の塗装をヘラなどで剥がし、モルタルを塗り補修します。 下地の補修が終りましたら、下塗りを行います。 外壁の表面は洗浄やモルタルで補修しただけでは、 表面に凹凸があり塗料を必要以上に吸い込んでしまう可能性があります。 その為、下塗り用の塗料を間に挟むことで外壁材の保護に加え、 表面を平滑にし塗料を塗りやすく整えます。 次に中塗り・上塗りとメインとなる塗料を塗ります。 塗料にはプレミアムシリコンを使用しました。 1度目(中塗り)の段階では気泡や色ムラが気を付けていても発生してしまいますが、 2度目(上塗り)によってカバーする為、施工後は綺麗になりますよ。 外壁の塗装後、鉄部に錆止め塗料を塗ります。 鉄部は雨によりさびやすくなっている為、錆止め塗料を使用します。 錆止め塗料は今後錆が発生するのを防ぐ塗料となりますので、 すでに付着している錆には効果がありません。 必ず錆を落とした後に塗布する必要があります。 鉄部にウレタン塗料を塗り施工します。 ローラーや刷毛を使用して細かな箇所にも塗布していきます。 最後に基礎巾木を塗装し、工事完了となります。 外壁の再塗装の目安は約10年~15年と短いです。 使用する塗料によっては耐久年数が長いものもあります。 しかし、近年の豪雨や大型台風などの自然災害によっては 外壁へのダメージが大きく、10年経っていなくとも再塗装が必要になる場合があります。 外壁の劣化のサインは、色褪せやチョーキング現象、剥がれなど 見た目にも分かりやすいものが多いです。
グレイト石川グレイト石川

傷みを発見した場合は 早めに専門家に診てもらうようにしましょう。

山根夕佳山根夕佳

石川監督、ありがとうございました。 当社では外壁だけでなく屋根や玄関、 キッチン等の水廻りのリフォームも行っております。 お気軽にご相談ください。