山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。 北極に多くのプラスチックごみが流れついているそうです。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。 私たちが当たり前のように使っているプラスチックが、 日本から何千キロと離れた北極にまで流れているのですね。 環境を守る為にも、エコを心がけましょう。 今回は岩国市で瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:フロア追い貼り・瓦屋根一部葺き替え工事 築年数:56年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

ご依頼のあったお住まいでは瓦屋根の一部の下地が酷く傷んでいた為、 一部の瓦葺き替え工事を行いました。 今回は瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。 工事開始です。 まず傷んだ既存の瓦撤去します。 取り外した瓦は傷みが酷くなければ再利用可能です。 他の屋根材では一部を補修したり、大きな穴など破損していれば 全て取替える場合もあります。一方、一枚ずつ取り替え可能な瓦であれば 破損した瓦のみ交換できる為、工事にかかる費用を抑えることが出来ます。 瓦を取り外した後、下地の補修から行います。 下地の補修では防水紙(ルーフィングシート)を張り替えます。 屋根の隙間から入り込んだ雨水を吸い込み、屋根裏への浸透を防止します。 しかし、経年劣化や容量以上の雨水を吸い込んでしまうと、 破損や雨漏りを引き起こしますので、定期的にチェックが必要です。 設置した防水紙の上から瓦桟木を並べます。 瓦桟木は瓦を固定する役割や綺麗に並べる目安になりますので、 等間隔になるよう確認しつつ並べます。 次に瓦を桟木の上にかぶせるようにして並べます。 この際に隙間が出来てしまうと、内部に雨水が入り込む原因にもなりますので しっかりと固定しつつ並べていきます。 瓦を並べ終わりましたら、漆喰を塗り替えます。 漆喰は瓦を固定する役割もありますので、 漆喰に剥がれ等の傷みが見られたら早めに専門家に診てもらいましょう。 以上で、瓦屋根の葺き替え工事は完了です。 瓦屋根の葺き替え費用は、屋根の大きさや使用する素材、 再利用できる瓦の有無などによっても変わってきます。 はっきりとした金額を知るには、やはり専門家に診てもらうことが大切です。
山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

冬を迎え、雪が降る前に一年を 頑張った屋根の健康診断を行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

山崎部長、ありがとうございました。 三原市が駅前エリアの愛称を募集しています。 場所に名前が付くと愛着が湧きますよね。 どんな名前になるか、今から楽しみです。 屋根や外壁以外にも、キッチン等の水廻りから床下まで 幅広く取り扱っております。お気軽にご相談ください。