子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

こんにちは、鈴木です。
広島県でも昨日から一気に寒くなりましたね。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
北海道など北日本では強い風や大雪が降っていたそうです。
急激に気温が変化すると風邪を引きやすくなります。
服装や室内の温度にも気を遣うようにしましょう。
今回は広島市南区で外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根・外壁塗装工事
使用材料:プレミアムシリコン・ウレタン塗料他
築年数:29年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回は屋根と外壁の塗装工事を行いました。

工事する日を分けるとそれぞれ足場を組む必要がありますが、

今回のように屋根と外壁の工事を同時に行うと足場を組む回数も1回で済む為、

結果的に工事にかかる日にちや費用を抑えることができます。

特に屋根が塗装されている場合は、再塗装の時期外壁と被る場合がありますので

近年、こういった依頼が増えています。

この記事では外壁の塗装工事の様子をご紹介します。

 

それでは工事開始です。

まず、金属部分にケレン掛けをします。

ケレン掛けとは金属製に付着する錆をブラシやペーパーなどを用いて、

手作業で落とす作業の事です。外壁表面に付着する砂や埃といった汚れは、

後に紹介する高圧洗浄機で落とすことが出来ますが、

錆などのこびり付いた汚れは落とすことが出来ません。

錆を放置すると徐々に広がり、穴を開けてしまうこともありますので

塗装前に必ず落としていきます。

ケレン掛け後は洗浄を行います。

業務用の高圧洗浄機を使用して、外壁に付着した汚れを一気に落とします。

洗浄後は表面に水が残りますので、一定の時間を置き乾燥させます。

次に下地の補修を行います。洗浄により綺麗になった外壁ですが、

ひび割れなどの傷みは残ったままです。このまま放置をすると、

再塗装の際に外壁内部へ水が廻ってしまう事もありますので注意が必要です。

ひび割れの場合はシーリング材を充填し、ヘラなどで表面を平らに整えます。

窓付近の外壁にはひび割れが起こりやすいので要注意です。

次に塗装を行います。外壁の塗装では下塗り・中塗り・上塗りの計3回行います。

下塗りは外壁材の傷んだ表面を平滑にする役割があります。

メインのプレミアムシリコンを塗ります。

今回はお客様のご要望で、以前と同じ白色を塗りました。

外壁塗装工事では、好きな色へ変更することもできます。

そう何度も外壁の色を変更する機会はありませんので、

この機会にお住まいの雰囲気を変えてみるのもいいかもしれませんね。

外壁の塗装後は鉄部を塗装します。

鉄部にはケレン掛けの工程の際にも紹介しましたが、錆が発生します。

この錆の発生を抑えるために、鉄部には錆止め塗料を塗布します。

錆止め塗料が乾いたことを確認し、ウレタン塗料を塗ります。

以上で、外壁の塗装工事完了です。

外壁に限らず塗装には必ず塗料を使用します。

しかし、一口に塗料といってもその種類は様々で、

耐久性や価格、使用に適したもの、施工方法も変わってきます。

用途の違う塗料を使用してしまうと、短期間で剥がれてしまうこともあり、

個人では判断が難しいこともあります。

子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

まずは専門家に現状を確認してもらい、
あなたの家にあった施工方法をしましょう。

人総部T女史人総部T女史

鈴木さん、ありがとうございました。
呉市では水素で走るバスの運用実験が今月末行われるそうです。
環境に優しいバスが一台でも多く、
安全に走る世の中になると嬉しいですね。
屋根・外壁などお住まいの事ならなんでもご相談ください。