恩返し亀岡恩返し亀岡

こんにちは、亀岡です。
カープのマスコットキャラクターが印刷された
年賀状の販売を開始したそうです。


瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
もう年賀状の季節なんですね。
今はメールやSNSが一般的となっていますが、
毎年頂く年賀状は嬉しいですよね。
色々な種類も増えて、選ぶ楽しさがありますね。
今回は広島市西区で屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根の塗装工事
使用材料:ナノシリコン他
築年数:34年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

工事開始です。まず、屋根の表面に付着した

サビやカビといった汚れを落としていきます。

ブラシやサンドペーパーで汚れを落とす作業を「ケレン掛け」と言います。

写真からも分かるように、ケレン掛けをした箇所の汚れが取れて

表面が綺麗になっていますよね。この作業は一枚一枚手作業で行う為、

時間が掛かりますが、屋根の塗装を長持ちさせる上では欠かせない作業となります。

次に洗浄をします。ケレン掛けをした箇所を含め、

高圧洗浄機で一気に汚れを落とします。

洗浄後は一定時間置いて乾かした後、下地の補修をします。

屋根にはひび割れなどの症状が出ている場合もあります。

ひび割れにも種類があり、髪の毛のような細いひび割れであれば

塗料で補修ができることもありますが、ひびが太く深い場合は補修材が必要です。

シーリング材を充填し、ヘラで整えます。

次に下塗りです。屋根の下塗りでは、2回同じ塗料を塗ります。

重ねて塗ることで塗膜に厚みを作り、耐久性を向上させます。

瓦屋根の塗装工事で重要となるのは、瓦の種類です。

塗装が必要な瓦は、セメント瓦とコンクリート瓦の主に2種類です。

見た目には大きな違いが無い分、同じ塗料を使っても良さそうですが、

実は下塗り塗料の選択を誤ると、塗料がすぐに剥がれる原因となります。

下塗り塗料が乾いた後、メインの色が入った塗料を塗ります。

中塗り・上塗りと呼ばれる工程となります。

上塗りで中塗りの際にできた色ムラや気泡を塗料で覆い、表面を整えます。

屋根は普段から太陽光や雨・風、またこれからの季節では雪などから

ダメージを受けています。本来は私たちを守る役割のある屋根ですが、

屋根自体にダメージが蓄積し、今回のようにひび割れや色褪せ、

錆といった症状があると十分に機能することができません。

傷んだ屋根は雨水を通しやすくなり、室内のシミやカビなどを発生させてしまうのです。

以上で工事完了となります。

恩返し亀岡恩返し亀岡

屋根は高所かつ勾配もある為、
慣れていない方が作業すると落下の危険や、
屋根材を傷めてしまう原因となります。
安全の為にも、まずは専門家による診断を受けましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

亀岡さん、ありがとうございました。
名古屋市では闘病中の子どもたちに向けて、
動物園や博物館から生中継をする取り組みを行っているそうです。
いつかカメラを通してではなく、自分で見に行けるくらい
元気になってほしいですね。
キッチンやお風呂などの水廻りの工事も行っております。
お気軽にご相談ください。