阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
年末宝くじの販売が開始されました。
今年は1等前後賞と合わせて10億円と夢がありますね。
買う前から、ついつい使い道を考えてしまいます。


濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
そうですね。購入してから発表までのドキドキ感も楽しいですよね。
今回は東広島市でユニットバスの取り替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:ユニットバス取替工事
使用材料:リクシルアライズ他
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

工事開始です。まず、既存の傷んだお風呂を解体・撤去します。

今回は浴槽のみではなく浴室のタイルも新調しますので、

下地が見えるまで壁を崩し、撤去します。

次に配水管を振り替え、土間コンクリートを打設します。

また、コンクリートにはメッシュ筋入れて強化します。

なぜ、メッシュ筋を入れるのでしょうか?

そもそもコンクリートは上下からの圧縮力には強いですが、

横に引っ張られると壊れてしまう性質があります。

コンクリートを流し込み施工した場合、ひび割れが発生しやすくなるのです。

そこで予め鉄筋やメッシュ筋を入れることで、コンクリートの割れを防いでいます。

ここで1つ注意点があります。鉄筋などの補強では、鉄筋を入れると強くなる、

鉄筋の幅が太いほど耐久性がある、なんてことはありません。

コンクリートの厚みによって適切な鉄筋は変わってきます。

なかなか判断が難しい箇所でもありますので、まずは専門家に相談してみることが大切です。

コンクリート打設後、排水ユニットを設置します。

次はいよいよ新しいユニットバスの設置です。

近年の浴槽などは、運搬の効率化などの理由からメーカーより、

パーツに分かれて送られてくることがあります。

部品が分かれていることで、幅の狭い窓や玄関から運び入れやすくなり、

また室内の壁にぶつかり傷つけてしまうことも少なくなりますね。

以上で工事完了となります。

これからの季節、お風呂に入るのが楽しみの1つになります。

お風呂に入っても浴室内が寒い、

なかなか身体が温まらないといったことがありましたら、

早めに専門家に相談しましょう。

阿部でございます阿部でございます

外と室内の気温差やリビングと廊下の気温差により、
ヒートショック現象が起きてしまう可能性もあります。
あなたやご家族の健康の為にも、
お家の健康診断は定期的に行いましょうね。

濱本葉子濱本葉子

阿部さん、ありがとうございました。
今日も冷え込み、気温も師走並だそうです。
暖かい格好で風邪を引かないようにしましょうね。
キッチン・お風呂・トイレ等内装のリフォームも行っております。
お気軽にご相談ください。