子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

こんにちは、鈴木です。 日本人なら誰もが知っている戦国武将である 織田信長が豊臣秀吉を猿と呼んでいたのは有名な話ですよね。 でも、実際は秀吉をサルではなく「禿鼠」と呼んでいたそうです。

小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。 禿ネズミというネーミングセンスはなかなか凄いですね。 今回は東広島市で屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事(モ二エル瓦) 使用材料:スラリー強化プライマー、ナノシリコン 築年数:30年前後 【工事前】 【工事後】   「最近、屋根の瓦の色あせやひび割れが目立ってきた」 「専門の業者に塗装を何度か勧められた」 「同じ時期に建てた近所の家が塗装を始めた」 なんてことはありませんか? 屋根の劣化が目立ち始めたら補修が必要です。 特に屋根材がモニエル瓦のお住まいは注意しなければなりません。 この瓦は主な成分がセメントで出来ているため、 塗装によって防水機能を維持しています。 その為、瓦の塗装が劣化すればその性能は急速に劣化していきます。 屋根材を保護し、屋根全体が傷まないようにするためには 定期的なメンテナンスが必要になります。 まずは屋根を専門とする業者に診断を依頼しましょう。  

工事の様子

工事開始です。 まずは高圧洗浄で瓦表面に塗られている 着色スラリーという着色剤を徹底的に取り除きます。 洗浄後はケレン掛けを行い、苔やカビなどの汚れを除去します。 洗浄やケレン掛けなどの下地処理が終わったら 「スラリー強化プライマー」という塗料を下塗りとして塗ります。 下塗り材が不足していると上塗り材との密着不良が起きるので、 塗料の吸い込みが止まらない場合は2度塗装を行います。 次に仕上げ材の「ナノシリコン」を中塗り・上塗りとして塗布します。 この工程では濃厚な塗料で塗装をし、より長持ちしやすい塗装の膜を作ります。 塗装が乾いたら工事完了です。   一般的に屋根の塗替え時期は10年がベストとされています。 屋根材の種類にもよりますがスレートは10年、 トタンは5~8年程度経った頃に塗装によるメンテナンスが必要になります。 しかし、屋根の塗装は屋根材や使用されている塗料のみで決まるわけではありません。 その地域の気象環境や屋根の形状、施工状態(業者による施工不良の有無)も 塗り替えの時期に影響があります。  
子供の頃から呼び名はスーさん子供の頃から呼び名はスーさん

屋根の塗装が必要かどうかを知る為に お住まいの屋根に以下の症状が無いか確認しておきましょう。 ・塗装の艶が無くなってきた、色が薄くなっている ・塗装が剥がれている ・苔やサビが見られる などの劣化症状が現れたら補修や塗装が必要なサインです。 専門の知識を持った業者に一度見てもらいましょう。

小田切美恵小田切美恵

鈴木係長、ありがとうございました 東京大宇宙線研究所などの国際研究チームが ブラックホールで起きた爆発現象からの高エネルギーガンマ線を 望遠鏡で検出することに成功したそうです。 宇宙に関するニュースはスケールが大きくて圧倒されますね。 屋根の塗装をお考えの際は弊社まで お気軽にお問い合わせください。