グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
11月27日にカープの選手が広島市内の小学校を訪問し、
児童たちと交流したそうです。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
子どもたちにとっても、カープ選手は憧れですからね。
私も羨ましいです。これを機会にもっと野球が好きになり、
将来のカープ選手が誕生してくれるといいですね。
今回は広島市安佐南区で車庫屋根の防水リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:車庫屋根防水工事
使用材料:樹脂モルタル、ウレタン防水塗料他
築年数:38年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

堀込車庫の内側で一部雨漏りしていた為、

屋根に当たる部分の防水工事を行いました。

この記事では防水工事の様子をご紹介します。

それでは工事開始です。

まず、既存の劣化したモルタルを撤去します。

次に表面に樹脂モルタルを塗ります。

劣化が酷く穴が開いた箇所を最初にモルタルで埋め、

次に表面全体にモルタルを塗り込み、表面を綺麗にします。

プライマー(下塗り材)を塗布します。

下塗り塗料を使用することにより、後の工程で使用するウレタン防水塗料が

下地に吸収されてしまうことを防ぎます。

一見、ウレタン防水塗料が下地に浸透することは悪くないように

思われる方もいらっしゃいます。

しかし、下地にとってウレタン防水塗料は劣化を早めてしまう塗料でもあるのです。

メイクをする時をイメージすると分かりやすいですね。

メイクの場合も下地で肌を保護しメイクを行います。

下地をせずに直接メインの化粧品を使うと、肌を傷めてしまうからです。

住宅でも同様に下地を傷めず塗装する為に、下塗り塗料は必要不可欠なのです。

次に通気緩衝シートを貼ります。

専用のボンドを使用し気泡が入らないよう丁寧に貼り付けます。

シートを設置後には湿気の逃げ道を作る為、脱気筒を取り付けます。

次にいよいよメインであるウレタン系塗膜防水塗料を塗ります。

ローラーを使用し気泡やムラが出ないよう丁寧に塗布します。

ローラーが届かない細かい箇所には刷毛などを使います。

最後の仕上げです。

表面にトップコート(防水保護層)を塗布します。

前の工程で塗布したウレタン防水塗装を紫外線などの刺激から保護する役割があります。

以上で工事完了です。

防水工事の工法は様々な種類がありますが、

その中でもウレタン防水工法は多くの一般住宅で使用されています。

特徴の1つに「使用範囲が広い」ことが挙げられます。

他の防水工事はガラスマット等を取り付ける為、使用できる形に制限があります。

一方、塗料であれば形を問わず使用可能ですので、

屋上・ベランダなど使用範囲が広がります。

グレイト石川グレイト石川

この様にウレタン防水工事にはメリットがありますが、
乾燥に時間がかかるといったデメリットもあります。
長所・短所を理解して、あなたのお家に合った工法を選びましょう。

寺本園子寺本園子

石川監督、ありがとうございました。
兵庫県の閉校した小学校を宿泊施設と事業を行いました。
11月30日、12月1日の二日間でお披露目会が開催されるそうです。
ホテル等とは違った楽しみ方が出来そうですね。
お住まいでお困り事はありませんか?
屋根から床下まで一級建築士による無料診断を行っております。
お気軽にご相談ください。