クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
三次市で廃校になった校舎でフリーマーケットや舞台をする
イベントが開催されたそうです。


寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
また校舎からにぎやかな歓声が聞こえると
嬉しくなりますね。
今回は広島市西区でベランダの防水リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:ベランダ防水工事
使用材料:ウレタン防水塗料他
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

それでは工事開始です。

まず高圧洗浄機でベランダ表面の汚れを落とします。

ベランダに限らず、高圧洗浄機をかけると流れる水が黒くなることがあります。

この黒いものが汚れです。ベランダは毎日洗濯物を干したり、

ガーデニングなどを行うことも多い為、汚れやすくなります。

防水塗装前にしっかりと洗浄しましょう。

次に下地の処理を行います。

この工程でベランダ表面に出来てしまったひび割れや剥がれといった

劣化症状を補修します。また、伸縮目地の処理も行います。

表面がデコボコとしてしまった箇所には、モルタルを塗り補修します。

モルタルはベランダ以外にも外壁などの補修に使われることが多いです。

次に下塗り材であるプライマーを塗ります。

プライマーを塗った後に絶縁シートを張っていきます。

絶縁シートを設置する際に欠かせないものが、改修用ドレンです。

シートの下で湿気が溜まった場合に、

逃げ道を作らないければ劣化するスピードが速くなってしまいます。

写真のような改修用ドレンや脱気筒を設置し、

湿気の逃げ道を作ってあげているのです。

シートの上から、ウレタン防水塗料を塗布します。

ウレタン防水塗料のメリットは施工費用が安くなるだけではありません。

他の防水工事と異なり塗料による防水加工の為、

ベランダや屋上の形状を選びません。

シートの届かない場所にもきちんと防水加工できるメリットがあります。

最後にトップコートでウレタン防水塗料を紫外線などから保護し、

工事完了となります。

工事完了後の写真です。

見た目にもひび割れ等がなくなり、綺麗になりましたね。

ベランダや屋上の防水工事は、新築の時に施工しているから大丈夫と思いがちです。

しかし、実際は屋根・外壁と同様に、

紫外線や雨風の影響を受けているため、寿命があります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

毎日使用するからこそ、見逃しがちな場所ではありますが、
ひび割れや塗装の剥がれなど、劣化が気になり始めたら、
早めに専門家に診てもらいましょうね。

寺本園子寺本園子

笹木監督、ありがとうございました。
12月に入り、忘年会のシーズンとなりました。
たまにはおいしいお酒や楽しい会話で、
楽しい時間を過ごしたいですね。
ベランダ・屋上など、防水工事も行っております。
お気軽にご相談ください。