梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。 日増しに寒さを感じるようになりましたね。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。 つい暖房器具をつけたまま寝てしまいたくなりますが、 火の取り扱いには十分注意しましょうね。 先日お客様から 「最近床が浮ているように感じます。一度見て頂けませんか。」 とご連絡を頂き、広島市東区でカビが発生した床下の無料診断を行いました。

早速お家を診断したところ、 床下の柱である束石が劣化していました。 また、湿気が多く木材にカビが発生していました。 床下は、縁の下の力持ちとして家を支えている土台の役割があります。 昔の家は茅葺き屋根泥の塗り壁と言ったような自然素材が多く使用されていました。 自然素材は余分な湿気は吸い取って、乾燥すれば湿気を吐き出して湿度を調節しています。 また、隙間が多く、床下を高くすることで風通しの良い造りになっていました。 つまり湿度調整と風通しを良くする事でカビを防いでいたのです。 しかし、近年の住宅は高気密高断熱で快適になった反面、 基礎はコンクリートで頑丈に囲み、床下も低い為、 風通しが悪く湿気が籠りやすくなってしまい、カビが発生しやすい環境となってしまいました。 床下は私達の想像以上に湿気が溜まりやすい場所です。 カビが発生すると床下の木材が腐敗し、湿気や腐った木を好むシロアリが住みつき、 木材を食い荒らして、建物自体の強度が弱くなってしまいます。 また、カビが発生するとダニが繁殖し始めて 抵抗力の弱いお子さんやお年寄りといった 大切なご家族の健康に悪影響を及ぼす危険性があります。 床下の主なチェックポイントは以下の通りです。 ・畳や押入れやクローゼット内が湿気っぽくジトジトしている。 ・床がブカブカし、沈んでいる。 ・周りの土地に比べ敷地が低く庭の土がいつも湿っている。 これらは床下にカビが発生している可能性があります。
梅田グリーン梅田グリーン

床下は自分で中に入る事が難しい場所です。 定期的に専門家に診てもらうようにしましょう。

濱本葉子濱本葉子

梅田監督、ありがとうございました。 アメリカのオハイオ州では交通違反をした際に、 一定額以内であればお金ではなく 缶詰でも認められているそうです。 面白い試みですよね。日本でもぜひ行ってほしいです。 湿気やカビなど住宅で困った事がありましたら、いつでもご相談下さい。