山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
ながら運転の罰則が強化されたことで、
広島県でも違反件数が強化前の1/3にまで減少したそうです。


山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
一人でも多くの方が気を付けるようにすると、
その分交通事故も減りますね。
これから帰省する方も多くなりますので、
気を付けていきましょう。
先日、お客様より
「車庫のシャッターに錆が目立っているので、
 見に来てください」との依頼を受け、
広島市佐伯区で車庫のシャッターのリフォーム診断を行いました。

 

写真で見ると分かるように、シャッターに赤い錆が目立っています。

また、玄関入口付近のブロックが一部破損していました。

また、外壁に触れると手に白い粉が付くチョーキング現象も見られました。

実際に診断してみると、シャッターのみではなく

お住まい全体が劣化していることが分かります。

今回は特に、シャッターや玄関付近のブロックなど、

普段から目にする場所であってもつい後回しにしてしまいがちな場所の劣化が進んでいました。

 

あなたは「リフォーム」と聞くとどこをイメージしますか?

お風呂やキッチン、間取りの変更なんてのもありますよね。

よくお客様の中でもリフォームといえば、

普段よく使って劣化状態も知っている、また機能が古くなったと感じる

水回りのリフォームを希望されることが多いです。

もちろん、キッチンやトイレなど生活が快適になるリフォームは、

長くお住まいに住む上で欠かすことができません。

しかし、実際はキッチンやリビング以外にも、

今回のようにシャッターやブロック、外壁などのメンテナンスも重要です。

 

玄関付近のブロックが割れていたり、欠けていると、

ふとした時に足が躓き、転倒する危険もあります。

また、シャッターの錆は錆が広がり劣化が進むと穴が開いて、

雨風が入りやすくなってしまうこともあります。

どちらにしろ、劣化に気づいたら早めに修理をしておくことが大切です。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

住宅も体と同様に年に一度の
定期的な診断・メンテナンスを行うようにしましょう。
劣化の早期発見は、工事費用を抑えるきっかけにもなりますよ。

山根夕佳山根夕佳

山崎部長、ありがとうございました。
本日、青森で震度5の地震がありました。
ここ数ヶ月で地震が頻繁に起こっていますね。
いざという時に、すぐ行動できるように
道具や避難場所、経路を確認しておきましょう。
お住まいのことで不安や疑問がありましたら、
お気軽にご相談ください。