梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは 梅田グリーンです。
小学校の授業で使用されている楽器「カスタネット」は、
なぜ「赤」と「青」に分かれているか知っていますか?

濱本葉子濱本葉子

こんにちは 濱本です。
私もなぜ2色になっているのか
不思議に思っていたんですけど理由はなんでしょうか?

梅田グリーン梅田グリーン

昔は男子が「青」、
女子が「赤」と 性別を区別するために2種類あったそうです。
しかし毎年入学する男女の人数や比率が一定ではないため、
個数を把握するのが難しく、
区別なく使用できるよう現在の色分けになったんだそうです。

濱本葉子濱本葉子

2色に色分けされてるのは
そういう理由があったんですね。
先日お客様から
「物置屋根の波板が割れてしまい、
 雨が降ると雨水が落ちて来るので困っています。」
とご連絡を頂き、広島県廿日市市で割れた波板の無料診断を行いました。

 

拝見したところ写真のように波板が割れて大きな穴が開いていました。

また溝の部分にはたくさんのゴミや藻が溜まった状態でした。 

 

昔の波板は塩ビ製が多く普及していましたが、

塩ビ製の波板は月日の経過と共に徐々に色褪せ変色していきます。

また、柔軟性が弱くなるにつれて強風が吹き割れてしまう為、

近年では丈夫かつ強風でも曲がったり外れて落ちたとしても割れる心配がない

ポリカーボネート製の波板が多く使用されるようになりました。

しかし、どんなに強い波板でも長い間、

紫外線や太陽の熱や雨風に日々晒され続けていくうちに日焼けしてしまいます。

人間も強い日差しを長時間浴び続けると日焼けしてしまいますよね。

波板も人間と同じなんです。

最初は透明な波板も小麦色に変色、次第に変形やひび割れし、

そこから欠けて無くなってしまうのです。

また、波板を固定するための専用ボルトで留めています。

ボルトは主に金属製で作られていることが多い為、

雨風に晒される事で錆びてしまいます。

ボルト穴に隙間ができ、ボルトがいつの間にか抜けて無くなり、

台風などの強風で波板が飛ばされてしまうのです。

 

梅田グリーン梅田グリーン

黄ばみやひび割れは
見た目も良くありませんし、
割れや欠けで雨漏りしてしまいます。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

濱本葉子濱本葉子

梅田監督、ありがとうございました。
昨日、北海道東部・十勝地方で季節外れの砂嵐が原因により
高速道路が視界不良で通行止めになったそうです。
雪の多い地域ですが、
北海道にも温暖化の影響が出ているようですね。
波板や外壁、屋根など
お家のことならなんでも私達にご相談下さい。