イケメン細川イケメン細川

こんにちは、イケメン細川です。
西日本豪雨から一年半経ちました。
山口県の岩国や周南では、
新たにダムを15基建設することを決定したそうです。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
被害の大きな災害でしたが、
これを機に安全性が見直され、
より安心できる環境にしていきたいですね。
今回は広島県廿日市市で庭の土間打ちリフォーム工事を行いました

工事情報

工事内容:屋根補修・外構工事
使用材料:モルタル 他
築年数:20年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

今回は瓦屋根の補修工事と外構工事を行いました。

この記事では土間モルタル打ち工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。

まず、鋤取り・不陸調整を行います。

今回のように、施工前の庭に土や草木などの凹凸がある場合は、

鋤取り(すきとり)を行い、表面を平らにならしておきます。

表面を削りすぎないように加減しつつ、丁寧に行います。

鋤取りと不陸の調整が完了しました。

施工前の状態と異なり、表面が綺麗になりましたね。

次にモルタルを塗っていきます。

モルタルにも分量の加減が必要です。

適量でなければ施工後に、表面がひび割れてしまうといった

不具合が発生する可能性があります。

表面を道具を使用し綺麗にならしつつ、整えていきます。

モルタルが乾燥後、工事完了となります。

 

庭をモルタルで土間打ちするメリットはいくつかありますが、

その一つは「草木が繁殖しない」ということです。

庭が広範囲でなくとも、いつの間にか繁殖している雑草を

お手入れすることは容易ではありません。

とくに今の寒い時期や夏の暑い時期に草むしりなどはつらいですよね。

もうガーデニングや草木を植える必要ない箇所には、

今回のようにモルタルなどで土間打ちしておくと、

今後のメンテナンスが楽になります。

また、見た目も草が繁殖しているよりも

ぐんと綺麗になるので、お住まいの印象も良くなりますよね。

 

イケメン細川イケメン細川

長年、同じお住まいで生活していくと、
徐々にお住まいに求める要素が変化します。
以前は楽しんでいたガーデニングが、
今はつらい、大変とストレスを感じている方もいらっしゃいます。
大きな工事でなくとも、小さな工夫で
お住まいの住みやすさは変わります。
まずは専門家に相談してみましょう。

 

濱本葉子濱本葉子

細川所長、ありがとうございました。
成人の日が近づいてきました。
新成人の人たちはもちろん、
私たちも彼らの見本となれるように
日々の行動を気を付けていきたいですね。
屋根・外壁など、お住まいのお困りごとが
ございましたら、お気軽にお問い合わせください。