三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
飛行機やエレベーターに乗った時に耳がキーンとしたり
詰まったような感じになった事、ありませんか?


小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
私は飛行機に乗った時になりますね。
どうしてなるのでしょうか?


三分オレンジ三分オレンジ

それは「航空性中耳炎」と言います。
鼓膜のさらに奥に「中耳」と呼ばれる空間が
「耳管(じかん)」という細い管で繋がっています。
気圧を一定に保っているのですが、
飛行機やエレベーターなど気圧が急激に変化する事で
うまく機能できなくなり症状が出るのです。


小田佳奈小田佳奈

そういう事なんですね。
先日お客様から、
「住み始めてから一度も家のメンテナンスをした事がありません。
 強風や災害も多かったので
 この機会にメンテナンスしてもらえませんか?」
とご連絡を頂き、広島県廿日市市で漆喰がひび割れた瓦屋根の無料診断を行いました。

 

お客様のお住まいの屋根には、

写真でも分かるように漆喰部分が黒く変色している所や

ひび割れ中の赤土が見えている状態となっていました。

また、棟周辺が緑色のコケが付着し、

棟瓦を止めている留め金が切れていました。

日本で昔から主に瓦や石材の接着剤、または壁の上塗りなどの塗り壁材として

活用されているのが漆喰です。

主に水酸化カルシウム炭酸カルシウムを原料とし、

瓦が滑り落ちないように止めたり、つなぐ接着剤のような役割をしています。

また、瓦と瓦の隙間を埋めて雨水が内側に侵入しないように防ぐ効果もあります。

漆喰は湿気が多い時に吸い込み、乾燥時は吐き出す性質を持っていて

とても通気性の良いのが特徴です。

しかし、原料である水酸化カルシウムは二酸化炭素を吸収する事で

硬くなる性質を持っているため、月日が経過するとどんどん硬くなっていきます。

屋根は日々直射日光紫外線雨風に晒され続けているため、

水分の吸収・乾燥を繰り返す事で漆喰自体が劣化していきます。

次第にこちらのお住まいのようにひび割れが発生するようになるのです。

ひび割れが起こると、本来の役割である接着剤としての

機能が低下して瓦がズレたり

瓦と瓦がぶつかりあって欠けやすくひび割れが生じてくるのです。

瓦がズレたり割れたりする事でその隙間から雨水が中に侵入していき、

野地板などを腐食させ雨漏りの原因に繋がることもあります。

もし、漆喰に

・中の土が見えている、露出している

・ひび割れている

このような症状が見られたら要注意です。

 

三分オレンジ三分オレンジ

屋根は高い場所にあるため、
目視する事がなかなか難しいです。
大切なお住まいの寿命をダメージから守るためにも、
私達人間のように早期発見早期治療が大切です。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

小田佳奈小田佳奈

三分さん、ありがとうございました。
1月10日は、糸引き納豆の日だそうです。
受験シーズンに糸引き納豆の粘り強さで
合格を祈念するという意味もあるそうですよ。
受験生には頑張ってほしいですね。
屋根や外壁の気になる事は何でもご相談下さい。