クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
今年のフラワーフェスティバルのメインテーマが決定しました。
東京オリンピックもありますから、
例年よりも盛り上がるイベントにしたいですね。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
テーマ募集には日本各地・イギリスから
1万を超える応募があったそうです。
みんなで作り上げるフラワーフェスティバルにしたいですね。
今回は広島市安佐南区で瓦屋根の漆喰修理工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰補修工事
築年数:25年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

工事開始です。

まず既存の傷んだ漆喰を撤去します。

漆喰下には棟を支える葺き土があります。この葺き土は雨を吸い込みやすく、

表面の漆喰が剥がれ、露出した状態であると雨漏りの原因にもなります。

工事中は漆喰だけでなく葺き土の状態も確認しておきます。

既存の漆喰を撤去後は、霧吹きで葺き土を湿らせます。

葺き土は乾燥しているため、粘り気のある漆喰を上から塗っても

塗りづらく、またすぐに剥がれてしまうこともあります。

このように漆喰塗りは簡単そうに見えますが、

実際は漆喰の性質だけではなく葺き土や瓦屋根のことも理解し、

適切な分量で補修する必要があるのです。

一度塗った漆喰が乾いたことを確認し、

再度新しい漆喰を上から塗ります。

重ねて塗ることで、耐久性を向上させておくのです。

また、棟の先端付近の漆喰はのし瓦や棟瓦など、

雨風から保護する瓦がありません。その為、漆喰に厚みを持たせ、

雨が降っても崩れにくく形を作ります。

以上で工事完了です。

「なんだ、漆喰を塗るだけなら自分でもできそう」

と近年、急速に人気となっているDIYで修理する方も増えています。

お住まいの壁にタイルや装飾品を貼りおしゃれにしたり、

壁紙の色を替えてみる・・・なんてのも楽しいですよね。

しかし、屋根の修理に関してはDIYはお勧めできません。

理由は様々ありますが、ここでは1つご紹介しますね。

それは傾斜のある屋根に登るのは危険ということ。

屋根は高い位置にあるため、足を滑らせ落下してしまうと

大怪我する可能性が高くなります。これは現場で作業する職人も同じです。

しかし、職人は経験がありますから自分がどのように動けば安全なのか、

どの場所が危険なのかを知っています。

クリクリ笹木クリクリ笹木

安全にお住まいを修理する為に、
あなたの体を大事にし、プロに任せるようにしましょうね。

山根夕佳山根夕佳

笹木監督、ありがとうございました。
昨日も西日本では雨が降り、一段と寒くなっています。
やっと冬らしい寒さになったような気がしますね。
まだインフルエンザや風邪が流行っています。
暖かい飲み物と共にしっかりと体を休めておきましょう。
瓦屋根に限らずスレート屋根、金属屋根など
屋根の困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。