山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
本日1月16日は、「禁酒の日」だそうですよ!
1日の終わりの楽しみである晩酌ですが、
今日は我慢して、休肝日にしようと思います。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、T女史です。
禁酒はメリットが沢山あるんですよ!
意外にも髪の毛にとっても良い効果があり、
抜毛防止や髪が綺麗になるそうです。
禁酒は難しくても、日々ほどほどを目安にしたいですね。
今回は、広島市中区で苔の生えた屋根の塗装工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
使用材料: パワーシーラー、ナノシリコン 他
築年数:25年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

今回はカラーベストという種類の屋根材の塗装工事を行いました。

カラーベストは、別名スレートとも呼ばれます。

塗装をして仕上げられる為、カラーバリエーションが豊富であり

軽量さから耐震性にも優れているので

現在、新築で最も多く使用されている人気な屋根材です。

 

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

下地には防水性がなく
表面の塗膜によって防水機能が補われます。
今回の様な苔の発生は、表面の防水機能が低下し
下地が雨水を含んでいる事が原因と考えられます。

人総部T女史人総部T女史

このまま屋根材が雨水を吸収していくと、
次第に脆くなり欠けや割れが生じ、雨漏れの要因にもなります。
劣化を最小限に抑えるよう心掛けましょう!
今回は、屋根塗装工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

屋根には苔や古い塗膜がこびりついているので、

高圧洗浄機を使って強い水圧で落としていきます。

高圧洗浄機で落ちなかった細かな汚れ等は、

職人が手作業でケレン掛けを行います。

汚れが付着したままであると

塗装の際にしっかりと下地と密着せず耐久性に劣りますし、

苔の場合は、繁殖が進んでしまいます。

丁寧に落としていきます。

 

そして、下地の補修をした後に塗装の工程に入ります。

屋根の塗装は、下塗りを2回、

中塗り・上塗りを各1回ずつの計4回行います。

 

まずは下塗りです。

パワーシーラーという透明な塗料を重ね塗りします。

傷んだ屋根は塗料等、水分を吸い込みやすくなっています。

必要以上にメインの塗料を吸い込むと

屋根材を更に傷めてしまう可能性があるので

下塗り材をしっかりと染み込ませておく事で、屋根材の耐久性を向上させます。

 

下塗り塗料が乾きましたら、メインの中塗り・上塗りを行います。

今回は黒色の「ナノシリコン」という塗料を使用しました。

重ね塗る事で塗膜が厚くなるので、防水性も向上しますし

色ムラや塗り残しを防ぎ、美観も良くなります。

 

最後に縁切りを行います。

カラーベストは屋根材同士の間に小さな隙間が開いており、

湿気を防ぐ通気口の役割もしています。

上から塗装を行う際に、どうしても隙間を塞いでしまうので

塗装後、仕上げにカッターで切り取る作業を行います。

最終チェックを行い、工事完了です。

 

カラーベストの屋根材自体は、立地や環境にもよりますが

耐用年数は約20~25年と言われています。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

定期的にメンテナンスをする事で
屋根材の耐用年数を延ばすことも可能です。
塗料の耐用年数が約10年~15年であるので、
それを目安に専門の方に定期的に見て貰い、
屋根の健康寿命を延ばしましょう!

人総部T女史人総部T女史

山崎部長、ありがとうございました。
本格的な受験シーズンがやってきましたね。
三原市では枯れ葉になっても枝から落ちなかった
葉っぱを使った合格祈願のお守りが、
配布開始当日に終了する程人気だったそうです!
より多くの受験生の努力が実るといいですね。
屋根や外壁等、お困りのことがございましたら、
お気軽にご相談ください。