修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
昨日カープの佐々岡監督等首脳陣を始め、スタッフの方達が
広島護国神社で必勝祈願を行ったそうです!
今シーズンから新体制ですし、開幕が待ち遠しいですね。

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
今年こそはV奪還してほしいですね!
今回は広島市安佐南区で錆びた金属屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事・漆喰補修工事
使用材料:1液ファインウレタン 他
築年数:45年前後

【工事前】

【工事後】


工事の様子

今回のお住まいに使用されている金属屋根は、

金属本来の性質から一度錆びると、

周囲に錆が広がってしまうという弱点があります。

修三レッド修三レッド

錆が進行して穴が開くと、雨漏れの原因にもなります。
錆が広がる前に、補修をするよう心掛けましょう!

瀧本紗也香瀧本紗也香

今回は幸い表面のみの劣化であり、
屋根材自体は軽症であった為、塗装工事を行いました。
工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

まず、表面に付着している錆や、浮いたり剥がれている塗膜を

専門の機械を用いて落としていきます。

下地の調整が完了しましたら、塗装の工程に移ります。

まずは、朱色の錆止め塗料を塗って行きます。

錆止め塗料には、錆の発生を抑止する効果があります。

しかし、既に発生している錆の進行を抑える効果はありません。

その為、下地の調整時に綺麗に錆を落とす事が

とても重要なポイントです。

 

錆止め塗料が乾いたら、メインの塗装を行います。

中塗り・上塗りと2回、重ね塗りをします。

金属製の屋根材は、表面の塗膜によって防水性が補われています。

重ね塗る事で、雨水から屋根材を守る塗膜が頑丈になり

塗り残しや塗りムラ防止にもなります。

 

また、今回は瓦屋根の部分の漆喰にも

劣化が見られたので、漆喰の塗りなおし工事も行いました。

まずひび割れている等、劣化している既存の漆喰を剥がし

下地を整えた後、新たな漆喰を塗布していきます。

漆喰とは、消石灰に糊やスサを混ぜて水で練った物であり

粘り気のある素材ですが、

職人の手によって表面を平らに綺麗に仕上げていきます。

塗料や漆喰が乾燥したことを確認し、

周辺の清掃をしましたら、工事完了です。

 

屋根の表面や漆喰の部分は、

生活の中で目に届かない箇所にあるので

なかなか劣化に気が付きにくいです。

修三レッド修三レッド

一般的な耐用年数として、
屋根の塗料は約10年~15年、漆喰は約20年と言われています。
その頃を定期的なメンテナンスの目安として
専門の方に見て貰い、重症化を防ぎましょう!

瀧本紗也香瀧本紗也香

川本監督、ありがとうございました。
年賀ハガキのお年玉くじの当選番号が先日、発表されましたね。
なんと今年は、一部券種限定ではありますが
東京オリンピックの開会式または
閉会式のペアチケットが当たる特賞もあるそうですよ!
もし当たっていたらと考えるだけでもワクワクしますね。
屋根・外壁の前回の補修から時間が経っている方、

天候や災害で住宅が傷んで不安な方など
お気軽にお声掛けください。