植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
島根県安来市の足立美術館が、
日本庭園ランキング(米専門誌)において1位を獲得しました。


小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
写真からでも美しさが伝わりますね。
実際に足を運んでみたくなります。
今回は広島市西区で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根補修・外壁塗装工事
使用材料:プレミアムシリコン 他
築年数:21年前後

【工事前】

【工事後】


工事の様子

外壁塗装の工事の期間は、

一般的な30~40坪の住宅を想定すると、8日~12日間程となります。

新しく塗り直すだけなのに、

どうしてこんなに日数がかかるのでしょうか?

その大きな原因の1つが塗料の乾燥期間です。

一般的に外壁の塗装は1つの塗料を1回塗るだけ、なんてことはありません。

少なくとも下塗り・中塗り・上塗りの計3回は塗装します。

また、この塗装工程においても塗料の乾燥期間が必要となりますので、

1~2日ではできません。

天候の悪い日と重なればその分塗料の乾燥も遅れてしまいますので、

工事の内容や金額のみではなく、

工事期間も事前に確認しておきましょう。

 

それでは工事開始です。

まず足場を1日かけて組みます。

職人や周囲の安全を考慮し事故を起こさない為にも、

とても重要な作業となります。

この足場組の作業では大きな音が出てしまうので、

事前にご近所さんへご挨拶しておくことが大切です。

当社では担当者が工事前に挨拶しますので、

「言いづらいな」という方も安心してください。

次に外壁の表面を高圧洗浄機で洗浄します。

洗浄作業では、汚れやカビ、古い塗膜などを落とします。

この時に外壁の劣化状況や傷みの詳細も

しっかりと確認しておきます。

次に、ひび割れなどの傷んだ箇所にシーリング材を充填します。

下地の調整を怠ると外壁の劣化原因にもなりますので、

見積もりの段階で「下地調整」などの項目が含まれているか、

しっかりと確認しておきましょう。

また、鉄部には錆止め塗料を塗ります。

下地の調整が終りましたら、下塗りです。

下塗りに使用する塗料は、

シーラーやフィーラー等と外壁材によって異なります。

効果と外壁材の性質を見極め、適切な施工で

外壁を長持ちさせましょう。

メインの塗料を使用して中塗り・上塗りです。

中塗り・上塗りでは、プレミアムシリコンを使用しました。

ローラーの届かない細かな箇所には、刷毛を用いて塗装します。

以上で工事完了となります。

植松綾乃植松綾乃

外壁の再塗装のタイミングは、
外壁材の種類や使用する塗料によって異なりますが、
一般に約10年前後です。築年数の長い場合は、
早めに専門家に診てもらうようにしましょう。

小田佳奈小田佳奈

植松さん、ありがとうございました。
広島県内でもドローンの操作を学ぶ
スクールが増えているそうです。
人がなかなか見ることの難しい、上空からの景色も
移動もこなせるので、できる範囲が広がりますね。
屋根・外壁などお住まいのお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。