イケメン細川イケメン細川

こんにちは、イケメン細川です。
今年はオリンピックの開催も影響し、
全国各地で花火大会の中止を予定しているそうです。


瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
十分な警備員を確保できないことが理由ですが、
毎年夏の楽しみなだけに中止は寂しいですね。
今回は広島市安佐北区で床下の防蟻処理工事を行いました。

工事情報

工事内容:床下防蟻処理工事
使用材料:レブライト、WOODGO 他
築年数:22年前後

【工事前】


【工事後】

 


工事の様子

工事開始です。

床下の工事ではまず漂白剤を塗布します。

今回はミヤキのレブライトを使用しました。

漂白剤のレブライトが木部へ浸透・乾燥した後、

防蟻塗料を塗っていきます。今回は菊水化学工業のWOODGOを使用します。

写真に写っている黒い塗料、この塗料が防蟻塗料となります。

色がついているので塗った場所がすぐ分かりますね。

WOODGOの効果により、

木材の劣化原因となる腐朽菌やシロアリの被害から保護できます。

WOODGOが乾燥し、塗り忘れや傷みはないか確認後、

工事完了となります。

よく「住宅のシロアリ工事」と聞くと、

古い木造住宅をイメージしてしまいますが、

実際は鉄筋コンクリート造・新築などにも

シロアリ予防は必要となります。

 

なぜ、一見シロアリが発生しなさそうな鉄筋コンクリート造にも

シロアリ被害があるのでしょうか?

 

鉄筋コンクリート住宅の特徴として、

高い気密性や保湿力の高さがあります。

実はこの条件、湿気が大好きなシロアリに

とって天国のような場所なんです。

丈夫な鉄筋コンクリートでも、

経年劣化や外部からの影響によりひび割れが発生します。

小さなひび割れからでも、シロアリは侵入してしまうのです。

一度シロアリが侵入すると、被害は拡大します。

イケメン細川イケメン細川

鉄筋だから、新築だから大丈夫だろう
と安心せず、定期的なメンテナンスが必要です。

瀧本紗也香瀧本紗也香

細川所長、ありがとうございました。
愛媛県松山市で、小学生がお金の大切さを
学ぶ授業が行われました。
キャッシュレス化が進む中、なかなかお金の大切さを
実感できる機会も減ってきました。
このような機会を経て、子どもだけでなく
大人も改めてお金の大切さを実感する機会としたいですね。
キッチン・お風呂などの水回りのみだけでなく、
床下や玄関、塀などの外構工事も行っております。
お気軽にご相談ください。