阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
液体のりの主成分であるポリビニルアルコール(PVA)が
次世代の放射線治療に大きく影響する事が分かったそうです。

濱本葉子濱本葉子

こんにちは、濱本です。
液体のりの主成分って
どのような影響があるのでしょうか?
想像できないです。

阿部でございます阿部でございます

放射線治療で
液体のりの主成分を混ぜると
治療効果が大幅に高まったそうです。

濱本葉子濱本葉子

それはすごいですね。
これからの放射線治療に大きな期待が持てますね。
今後が楽しみです。
先日お客様から、
「外壁の隙間がひび割れ、外壁を触ると手が白くなるのですが、
 これって大丈夫なのでしょうか?」
とご連絡を頂き、広島県廿日市市で
ひび割れたシーリングの無料診断を行いました。

拝見したところ、隙間を埋めているコーキング部分が

ひび割れしてる箇所が目立っていました。

欠けて無くなっている箇所もありました。

また、壁に触れると手に白い粉が付く状態でした。

近年一般住宅で使用されている外壁材はサイディングが多く、

耐火性、耐震性に優れている外壁材です。

サイディングボードは1枚の板になっていて壁に1枚1枚並べ合わせて貼っていきます。

サイディングボードには種類が4種類あり、

その中でも一般住宅に最も多く使用されているのが、窒素系サイディングボードです。

窒素系サイディングはセメントと木質系繊維を練り合わせて固め

最終的にカラーや模様を付け塗装し、デザインが豊富であるのが特徴です。

とても丈夫なうえ、耐震性耐火性にも優れているため、

地震大国の日本で最も親しまれている建材です。

 

そんなサイディング自体の寿命は約30~40年だと言われています。

しかし紫外線を浴び続ける事で塗装が劣化していくため、

水分を吸収する事でサイディング自体の劣化がどんどん進行していくのです。

目安としては約7~10年でメンテナンスが必要です。

金属素材で形を作り、加工して断熱材で裏打ちしたものを

金属系サイディングといい、重量も軽量で建物自体に負担がかからないのが特徴です。

また、金属のため水分を吸収しにくくひび割れに強いため、

窒素系サイディングに比べメンテナンス周期が

少し長く約10~20年が目安といわれます。

しかし、傷が着いてしまうとサビが発生しやすく

色褪せが起こるので注意が必要です。

木材が主材料のサイディングは木質系サイディングと呼ばれ、

木のぬくもりが感じられる質感が特徴です。

断熱性に優れている反面、湿度に弱いため湿度の高いような場所には不向きです。

メンテナンスは約8~10年程が目安です。

費用が高額なうえ職人が少ないため日本ではあまり普及されておらず

海外で多く使用されているのが樹脂系サイディングで、

塩化ビニルが主原料で雨や塩害に強く、色褪せが少ないのが特徴です。

こちらのお住まいのようにサイディングに触れると

手に白い粉が付く現象をチョーキング現象といいます。

これは紫外線の影響で塗料の樹脂が飛び、

顔料だけが残り起こる現象で劣化のサインです。

劣化のサインには上記以外にも様々で、

サイディングとサイディングの間の目地部分が

ひび割れしたりボロボロに切れることもあります。

ぼろぼろに切れてしまうとサイディングだけでなく、

内部にまで雨水が侵入している危険性があるため早めのメンテナンスが必要です。

阿部でございます阿部でございます

サイディングの劣化は
雨漏りの原因にも繋がりますし、
お住まい自体の耐久性も低下させてしまうため
定期的なメンテナンスを行いましょう。

濱本葉子濱本葉子

阿部さん、ありがとうございました。
福井県内のアイススケートリンクが
先週末からにぎわいを見せているそうです。
雪不足と曇りがちの日が続いた事で
多くの人が足を運んでいるそうですよ。
今年の冬はご家族で日頃の運動不足を
解消しに行かれてみてはいかがですか?
外壁や屋根お住まいの事は私達にご相談下さい。