レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
本日30日は味噌の日です。
味噌には赤みそと白みそがありますが、
赤と白の違いが出来るのか知ってますか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
どうしてなんですか?

レインボー小泉レインボー小泉

それは工程方法の違いです。
白みそは大豆を茹でて作るため、
大豆に含まれるアミノ酸がお湯に溶け出して白くなります。
赤みそは蒸して作るため、
過熱されて褐色物質が出るため味噌が赤くなるそうですよ。

山根夕佳山根夕佳

そういう事なんですね。
赤みそと白みその違いがよく分かりました。
だから赤みそは白みそに比べ飲んだ時に濃く感じるんですかね。
先日お客様から、
「室内の畳の一部分が浮いて気になってます。」
とご連絡を頂き、広島市安芸区でカビが発生している床下の無料診断を行いました。

床下に入ったところ、地面の砂に湿気がありました。

束の木部が水分を吸収している状態になっており、

所々でカビが発生していました。

外壁や室内などは無意識のうちに目に入ってくるため、

劣化している箇所などがあればすぐに気づけますが、

床下は日常生活しているとなかなか見る事が出来ないため、

変化に気づかない場所でもあります。

しかし、床下はお住まいの中でも一番の土台になる場所であり、

大切なお住まいをしっかりと支えてくれている言わば縁の下の力持ち的存在です。

以前の日本家屋は天然乾燥材茅葺き屋根、壁は泥の塗り壁といった

自然素材の物を多く使用していましたので、

家が余分な湿気を吸い取り、乾燥すれば吐き出し

湿度調整をしっかりして、カビを防いでくれていました。

また、隙間も多く床下も高く作られていたため、

風通しの良い環境が整っていたのです。

しかし近年の建物は床下の高さが低く、

基礎が頑丈なコンクリートで囲まれている為、

高気密・高断熱で快適なお住まいになった反面、

床下の風通しが悪く湿気が籠もりカビが発生しやすい環境になっています。

こちらのお住まいのように床下の柱にカビが発生したら、

木材が腐敗しシロアリが寄って来るようになります。

シロアリが木材を食い荒らしてしまうと、

お住まい自体の強度が低下して地震などで崩壊してしまう可能性があります。

また、床下から畳や床上にまでカビが広がってダニが繁殖し、

小さなお子さんやお年寄りが喘息や気管支炎などの

アレルギーを起こす事もあるのです。

レインボー小泉レインボー小泉

押し入れや家具のカビ、床が軋む、
畳がジメジメしているなどの異常を感じたら
既にシロアリ被害が始まっている危険性があります。
定期的にメンテナンスを心がけて下さい。

山根夕佳山根夕佳

小泉部長、ありがとうございました。
明日明後日にかけて北海道のオホーツク海を
中心に大雪や吹雪になるそうです。
来月の4日から冬の大イベント札幌雪まつりが開催されます。
今年は雪が少なく心配されていましたが
恵みの雪になりそうですね。ご家族で雪と氷の世界を
楽しめる雪まつりに行かれてみてはいかがですか。
床下の事で気になる事は何でも私たちにご相談下さい。