修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
カープの2020年のグッズが披露されたそうですよ!
今年は「やい!誠也!」などユニークな回文が書かれた
Tシャツが目玉だそうです。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
今年はキャッチフレーズも
「たった今 このAKAの子 舞いたった」と回文になっていますよね!
毎年、ユニークなアイデアに驚かされますね。
今回は、広島県廿日市市で錆びた金属屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
築年数:43年前後

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

今回は、金属製の薄い屋根材である金属屋根が使用されていました。

和瓦等、他の屋根材に比べて

圧倒的に軽量であり、耐震性にも優れています。

修三レッド修三レッド

しかし、金属の特性によって
傷付いた箇所や塗膜の劣化によって錆が発生しやすいです。
錆から朽ちて、穴が開くと雨漏れの原因にもなり得るので
錆が見られたら早めに修理しましょう!

寺本園子寺本園子

今回は、金属屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

工事開始です。

まずケレン掛けを行い、屋根表面の錆や汚れ、古い塗膜を落とします。

ケレン掛けとは、専用のブラシやペーパー等を用いて汚れを落とす事です。

錆が残ったまま塗装をすると表面に凹凸が出来てしまったり、

塗料と屋根材が付着せず、耐久性に劣ります。

職人が手作業で丁寧に落としていきます。

 

次に、塗装の工程に入ります。

金属屋根では2種類の塗料を使用します。

まずは、灰色の錆止め塗料を塗ります。

錆止め塗料には、錆の発生を抑制する効果があります。

しかし、既に発生した錆の進行を抑える効果はないので、

ケレン掛けの際に残すことなく錆を落とす事がとても重要になります。

 

錆止め塗料が乾いた事を確認したら、メインの茶色い塗料を塗ります。

ローラーや細かい箇所には刷毛を用いて

塗り残しのない様、丁寧に作業を進めます。

また、メインの塗装は重ね塗りをします。

塗膜が薄いと、例えば台風などの強風時

飛来物によって傷ができ、そこから錆が発生する等

下地を保護するという、塗膜の機能が活かせません。

しっかりと重ねる事で、頑丈な塗膜を形成していきます。

 

最後に色ムラや塗り残しがないか確認をし、

清掃をしましたら工事完了です。

 

金属屋根の塗料の耐用年数は、

一般的に約10~15年と言われており

その頃になると経年劣化が見られ始めます。

また、近年多発している台風・地震などの自然災害や

屋根の上のアンテナの錆が原因となる事もあります。

修三レッド修三レッド

屋根の上の劣化は、
生活の中で目に見えず雨漏れが発生する等、
重症化するまで気が付かなかったというケースも良くあります。
塗料の耐用年数である10~15年ごとの定期的なメンテナンスだけでなく、
災害級の雨や台風の後には、専門の方に見てもらい
現状を把握する様心掛けましょう!

寺本園子寺本園子

川本監督、ありがとうございました。
そろそろスギ花粉の季節がやってきますね。
調べてみると、今年は例年よりは
飛散量が少ないようで安心しました!
しかし、油断は大敵です。
コロナウイルスも心配ですし、マスクは早めに買っておきましょう。
屋根や外壁など住宅のお困りごとがありましたら、
遠慮なくご連絡ください。