クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
昨日の朝は今季一番の冷え込みだったようで、
広島地方気象台では、今期初めての雪を観測したそうです!
やっと冬らしい気候になりましたね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
庄原市のスキー場では、
例年より2ヶ月も遅れてオープンしたようですね!
ウィンタースポーツが好きなので、週末にでも行きたいと思います。
今回は、広島県廿日市市でシーリングが劣化した外壁の修理工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・シーリング打替え工事
築年数:15年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

今回のお住まいにはサイディングという種類の外壁材が使用されていました。

サイデイング外壁とは、サイデイングボードという

板状の外壁材を骨格に合わせて貼り、施工される外壁を指します。

サイディング外壁材同士の隙間は、

防水性のあるシーリング材(コーキング)で塞いでいます。

クリクリ笹木クリクリ笹木

シーリング材は、劣化すると
ひび割れたり、縮むことで外壁材との間に隙間が出来ます。
この隙間から水分が入ると、内部の構造体が腐敗したり
水分を好むシロアリをおびき寄せる可能性があるので、
早めの補修を心掛けましょう!

小田佳奈小田佳奈

今回は、シーリング打替えと外壁塗装工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは足場や保護シートを設置します。

高所での作業を安全且つ効率よく進めるだけでなく、

塗料が周辺に散ったり、工事中のお住まいを人目から保護することが出来ます。

 

補修を始める前に、高圧洗浄機を使って

外壁に付着している汚れや古い塗膜を洗い流します。

そして、シーリングの補修工事へ移ります。

まずは劣化した既存のシーリング材を綺麗に撤去します。

次に、外壁材にシーリング材が付着しないように周辺に養生テープを貼ります。 

そして新たなシーリング材を充填していきます。

充填した後は、シーリグ材が平らになる様にヘラで抑えます。

 

シーリング材が乾き養生を撤去したら、塗装の工程に移ります。

外壁の塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの計3回行います。

まずは下塗りです。

下塗りの目的は、中塗り・上塗りで使用する塗料と

外壁材をより密着させる事です。

メインの塗料に影響がない様、乳白色や透明色の塗料を用います。

 

下塗りが乾燥したら、中塗り・上塗りを行います。

中塗り・上塗りでは同じ塗料を使用し、

塗り残しや色ムラがない様、しっかりと色を付けていきます。

 

最終確認をし、足場や保護シートを解体しましたら工事完了です。

 

シーリング材の耐用年数は平均5~10年

外壁の塗料の耐用年数は、平均10~20年と言われています。

しかし、劣化の原因となる紫外線が当たりやすい方角等

立地条件によって劣化のスピードは異なります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

外壁は屋根などに比べて、目視で簡単に確認が出来ます。
定期的に確認をして、劣化が見られたら
いち早く専門の方に相談しましょう。

小田佳奈小田佳奈

笹木監督、ありがとうございました。
コロナウイルスが日本国内でもどんどん広まっていますね。
マスク不足が問題になっていますが
必要な方に行き渡るように、買い占めはしないようにしましょうね。
お住まいの事なら小さなことでもプロがお答えします。
なんでもご相談下さい。