大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下イエローです。
学校の授業料目で英語やフランス語ですが、
日本語は「日本語」ではなく、
「国語」という科目になっている理由をご存知ですか?

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
確かにそうですね。
どうしてなんでしょうか?

大高下イエロー大高下イエロー

江戸時代の頃、
日本は地域ごとに藩と呼ばれ言葉使いも違っていました。
他藩との交流が少なかった時代は問題ありませんでしたが、
様々な地方から人が集まるようになり、
それぞれの言葉が理解できない状況だったそうです。
どうしても共通する言葉が必要となり
日本を1つの国にする言葉で「国語」と呼ぶようになったそうです。

山根夕佳山根夕佳

国語という科目が今もそのまま残っているんですね。
先日、お客様から
「基礎のひび割れが以前に比べて広がっているような気がします。
心配なので見に来ていただけませんか?」
とご連絡を頂き、東広島市でひび割れた基礎巾木の無料診断を行いました。

基礎部分の塗装がいくつか剥がれ、

中のコンクリートが見得ている状態でした。

中が見えるほど隙間が広がったひび割れもありました。

基礎は外壁や屋根などに比べあまり目立つ場所ではありませんが、

大切なお住まいをしっかりと支えてくれる土台となる重要な部分です。

スポーツや習い事をする際に「基礎が大事」とよく言われますが、

お住まい自体も私たちと同じなんです。

 

あなたはお住まいを建てる際によく聞く、基礎工事ってどんな工事か知っていますか?

基礎工事とは、地面に木枠を建てコンクリートを流し込み

建物を支えるベース部分の基礎を造る工事を言います。

基礎は劣化するとこちらのお住まいのように

剥がれやひび割れと言った症状が現れます。

ひび割れなどが起こる原因の1つに気温の変化があります。

コンクリートは温度が急激に下がる事で収縮してしまう性質があるため、

夏場のように温度変化が激しい時期に起こりやすいのです。

また特に日本は地震が多い国です。

長い年月の間、繰り返し何度も地震の揺れに耐え続ける事で

基礎自体にダメージを与えてしまいひび割れが発生していきます。

以前は田んぼや沼地などを開拓した上に、

建物を建てる事で起こる不同沈下も原因の一つです。

基礎部分に縦方向に入るひび割れは乾燥収縮が大きく関係しています。

コンクリート収縮は内部に含まれている水分が蒸発する事で起こり、

鉄筋や柱などが加わる事で自由に縮む事が出来なくなるためひび割れが生じてしまいます。

基礎のひび割れをそのまま放置してしまうと、

基礎に埋め込まれている鉄筋が外気に触れ、雨に打たれる事で錆びていきます。

錆びる事で錆び色が表面に浮き出て来たり、

建物自体の強度も低下してしまう為、

ほんの些細な揺れでも崩壊してしまう危険性もあります。

大高下イエロー大高下イエロー

大切なお住まいで、
安心して日々過ごしていただく為にも
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

山根夕佳山根夕佳

大高下所長、ありがとうございました。
昨日は広島市内も初雪が観測され、
まだまだもう少し寒さが残りそうですね。
冷たい北風が身に沁みます。
明日から週末、今日は早めに帰宅してご家族で暖かいお鍋を囲って
一家団欒楽しく過ごしてみてはいかがですか。
お住まいの基礎や外壁の事で気になる事が
ありましたらいつでもご相談下さい。