イケメン細川イケメン細川

こんにちは、イケメン細川です。
最近、急に寒く感じるようになりましたね。
コロナウイルス流行のニュースもあってか
マスクや手洗いうがいなどの対策をする人が多くなり、
去年よりもインフルエンザにかかる人が少なくなっているそうです。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
そうなんですね。こういった対策が有効であると実感できれば、
風邪を引く人も減るかもしれませんね。
今回は広島市東区で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン 他
築年数:25年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

工事開始です。

まず、外壁の表面を洗浄します。

高圧洗浄機を用いた強い水圧で洗浄を行います。

この時、外壁の汚れを含んで流れ出た水は黒くなっていることがあります。

外壁は塗料の色など表面上、あまり汚れが目立たないことも多いですが、

外気に触れている分、空気中の汚れや雨・風によって運ばれた汚れが

付着していることも多いです。このような汚れは軽いものであれば

雑巾などで拭き取ること落ちますが、長い年月をかけて

こびり付いてしまった汚れはなかなか落とすことができません。

必ず塗装する前に汚れを落としておきましょう。

次に外壁にひび割れがみられる場合は、クラック補修を行います。

クラックはひび割れを指します。シーリング材などを用いて、

ひび割れによってできた隙間を埋めていきます。

下地の調整が完了しましたら、

下塗り塗料として「ミラクシーラーエコ」を塗ります。

下塗りに用いる塗料は透明色や白色が多く、

メインの塗料の色を邪魔することはありません。

外壁材の表面を整え、メインの塗料との密着性を向上させます。

次はいよいよ中塗り・上塗り塗料であるプレミアムシリコンを塗ります。

今回は以前の外壁と同じ、白色の塗料を使用しました。

一度全体を塗装した後、再度同じ塗料を重ね塗りします。

外壁の塗装が終りましたら、基礎も補修します。

まず下塗り塗料であるプライマーを塗布します。

外壁と基礎では使用する塗料が異なる場合があります。

適切な塗料を使用しなければ塗料の持つ効果も薄れてしまいます。

必ずあなたのお住まいに合った塗料を使用するようにしましょう。

上塗り塗料としてナノシリコンを塗布し、工事完了です。

今回は外壁の塗装工事の様子を写真を交えてご紹介しました。

外壁の再塗装は、お住まいに長く安心して住むためには欠かせない工事です。

外壁の塗装をする予算がないから・・・と後回しにしてしまうと、

傷みはさらに広がり、工事にかかる費用も高くなります。

イケメン細川イケメン細川

住宅も私たちの体と同じように、
傷みや劣化の早期発見が大切です。
早めに補修するとその分、工事にかかる費用や期間も短く済みます。
まずは専門家の診断を受けて、
今のお住まいの状態を知ることから始めましょう。

人総部T女史人総部T女史

細川所長、ありがとうございました。
バレンタインデーも近づき、スーパーや
デパートでもバレンタインチョコの
コーナーが出来ています。
今年は誰かに送るチョコだけでなく、
自分へのご褒美チョコも多いようですよ。
今だから味わえるチョコを食べてみたいですね。
お住まいに関するお困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。