本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
よく食べられているみかんには
「冬みかん」と「夏みかん」と種類があるのは御存じだと思いますが、
しかし、「夏みかん」である「甘夏」などは5月頃から旬を迎えますが、
冬に収穫されているってご存知ですか?

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
旬の時期である5月に収穫するのだと思っていました。

本田ブルー本田ブルー

収穫したばかりの夏みかんは
酸度が約1.8度もあり、とても酸っぱいんだそうです。
冬に収穫する事で果実に含まれるクエン酸を消費し、
貯蔵する事で旬を迎える頃には酸度が低下して程よい酸味が
甘さを引き立ててくれるんだそうですよ。

人総部T女史人総部T女史

なるほど。初めて知りました。
美味しくなるために手間暇がかかってるんですね。
先日お客様から、
「最近天井にシミが出来ている事に気が付きました。
雨漏りしているのでしょうか?」
とご連絡を頂き、広島県廿日市市でひび割れた瓦屋根の無料診断を行いました。

室内を拝見したところ、天井部分に大きなシミが出来ていました。

天井の丁度上部にある屋根に登ってみたところ、

瓦の一部分がひび割れている箇所や瓦がズレている所がありました。

瓦は昔から近年まで日本住宅で最も多く使用されています。

他の屋根材に比べ耐久性に優れ、瓦自体の寿命は50~100年と言われています。

しかし、粘土で焼き上げ陶器であるため、

衝撃を受ける事でヒビ割れや欠けたりしやすい屋根材でもあります。

瓦が割れる原因には、まず台風などの強風で飛んできた物が瓦に当たった衝撃や

冬場の積雪の重量に耐えきれず割れてしまう事があります。

このような自然災害では

約30~40年が経過した瓦に多くひび割れなどの症状が見られます。

また、瓦には無数の気孔が存在しています。

その気孔に水分が侵入し凍る事で内部組織が崩壊され割れてしまうのです。

特に山間部や日中夜間の気温差が激しい地域、寒い地域では注意が必要です。

 

一般的に瓦はズレないように釘で固定されています。

近年は錆びにくいステンレス製が使用されていますが、

30年以上前に建てられたお住まいでは鉄釘が使用されていることが多く、

水分や湿気を含む事で錆びが発生し、

膨張して釘穴が圧迫され瓦が割れてしまう事もあります。

 

太陽光パネルの設置や修理その他掃除などで

屋根の上に登った際に誤って踏みつけてしまったり、

はしごをかけた際の負荷による割れもあります。

ひび割れや欠け、瓦のズレなどをそのままにしてしまうと、

隙間から雨水が侵入しこちらのお住まいのように

雨漏りシミが発生してしまうだけでなく、

木材を腐食させてしまう危険もあります。

本田ブルー本田ブルー

瓦は1枚でも重みがあり、
瓦が1箇所ズレると瓦や欠片が落下してしまい
怪我など重大な事故に繋がってしまう危険性もあります。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

人総部T女史人総部T女史

本田監督、ありがとうございました。
2月14日はバレンタインデーですね。
あなたは誰にチョコレートを贈りますか?
いつも頑張ってくれているお父さんや旦那様に
「ありがとう」の気持ちを込めた「感謝チョコ」渡してみてはいかがですか?
お住まいの事で気になる事や分からない事が
ありましたらなんでも私達にご相談下さい。