植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
本日2月13日は、苗字の日です。
今から145年前の今日、
全国民に姓を名乗る事が義務化されたそうですよ!

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
今では当たり前にある苗字ですが、
つい145年前までなかったとは驚きですね!
自分の苗字のルーツを調べてみたいと思います。
今回は、広島県廿日市市で瓦屋根の漆喰塗り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰補修工事・ルーフィング工事
築年数:40年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

和瓦の屋根には、瓦同士の隙間を塞いだり

瓦がズレない様抑える為、漆喰が使用されています。

漆喰は経年劣化によってひび割れて剥がれたり

水分を含み、苔が見られる事があります。

植松綾乃植松綾乃

漆喰の劣化は、
上に積んである熨斗瓦がズレる原因になったり
雨漏れに繋がる事があります。
劣化が見られたら、まずは一度専門の方に相談してみましょう!

小田佳奈小田佳奈

今回は、漆喰塗替え工事の様子をお伝えします。

 

工事開始です。

まずは傷んでいる既存の漆喰を撤去します。

漆喰の下には棟を支える葺き土があり、

この葺き土が見えるまで剥がしていきます。

剥がし終えたら綺麗に撤去し、葺き土を整えます。

霧吹きなどを使用して湿り気を与えて整える事で

上から塗る漆喰がより葺き土と密着し、長持ちします。

 

そして新たな漆喰を塗布していきます。

専用のコテを使い、均一に隙間のないように塗ります。

塗る量が多すぎても少なすぎても剥がれやすくなるので

適量を塗るには、長年培ってきた職人の知恵や技術が必要です。 

 

また今回は、一部のルーフィング(防水紙)の貼り替えも行いました。

ルーフィングは、屋根材から入り込んだ雨水が

下地へ入らない様ガードする働きがあり、防水機能を保つ重要な下地です。

破れたり穴が開くと、雨漏りの原因にもなり得るので注意が必要です。

 

最終確認をし、周辺の清掃をしましたら工事完了です。

 

漆喰は一般的に約10年に1度

メンテナンスが必要と言われていますが、

立地条件や、自然災害等によって劣化状況は異なります。

植松綾乃植松綾乃

屋根の劣化は目に届きにくく、
なかなか気付くことが出来ません。
傷みを早期発見する為にも、定期的なメンテナンスや
自然災害の後は専門の方に見てもらうよう心掛けましょう!

小田佳奈小田佳奈

植松さん、ありがとうございました。
三寒四温という言葉を実感する季節になりました。
日によって、どのくらい厚着をしようか悩んでしまいますね!
天気予報をこまめにチェックして、体調を崩さないようにしましょう。
屋根のメンテナンスをお考えの際は
弊社までお問い合わせください。