ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
今年の暖冬の影響からか、
平和公園の一角にチューリップが咲いたそうです。



寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
暖かな気温を感じていると
なんだか春を迎えたような気持ちになりますね。
花粉も飛んでいますので、花粉対策も行いましょう。
今回は広島市東区で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:プレミアムシリコン 他
築年数:23年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

工事開始です。

今回の外壁には酷く劣化した箇所が目立っていた為、

モルタルが破損している箇所を撤去する作業から始めます。

小さなひび割れ等であればシーリング材を充填するなどの修理を行いますが、

外壁内部に水が回り表面の塗装が浮いているなど劣化が酷い場合は、

モルタルから取り除き、作り直すことから始めます。

次に下地の補修作業を行います。

外壁の土台となる下地が傷んでいては、いくら見た目を綺麗にしても

耐久性に不安が残ります。塗装前に必ず下地を補修しておきます。

次に防水紙・ラス網を貼ります。

防水紙は外壁内部の水分や湿気を吸い込み、内部の劣化を防ぎます。

ラス網の上からモルタルを塗り、モルタルビスを止め補修を行います。

場所は変わりますが、写真のような大きなひび割れの場合は、

モルタルを塗る前にVカットをします。劣化しひび割れ(クラック)の

周辺も含め一度撤去し、周りを含め補修します。

モルタルで補修をした後の写真です。

今回のように大きなひび割れが出来てしまった場合は、

シーリング材を充填するのみでは補修に不十分なこともあります。

どちらが良いのかは、実際に確認しなければ判断することはできません。

まずは専門家に相談してみましょう。

下地の補修が終わりましたら、下塗りとしてシーラーを塗ります。

シーラーには後に塗布するメイン塗料と

外壁材の密着性を高める効果があります。

両面テープのような役割をしていると

イメージすると分かりやすいかもしれませんね。

最後にプレミアムシリコンで中塗り・上塗りの塗装をします。

この工程では同じ塗料を使用して重ね塗りをし、

塗膜に厚みを持たせます。一度塗った時よりも、

耐久性が上がり見た目も綺麗になりますよ。

塗料が乾き、養生テープや足場を解体し工事完了です。

ハイボール竹本ハイボール竹本

外壁の塗装は約10年前後で劣化します。
お住まい周辺の環境や台風などによる被害によっても
劣化する速度は影響され、変化します。
まずは専門家に今の外壁の状態を見てもらい、
適切な施工ができるようにしておきましょう。

寺本園子寺本園子

竹本所長、ありがとうございました。
昨日も北海道で大きな地震がありました。
ここ数日、東北で地震が相次いて発生しています。
日本に住んでいる限り、あなたの住んでいる地域にも
地震が起こる可能性があります。
いざという時、安心するために
お家のメンテナンスはしっかりと行いましょう。
屋根・外壁のみではなくお住まい全体の診断も行っております。
お気軽にご相談ください。