山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
広島県内で初めて、呉市の保健所が病院や薬局、
診療所にマスクを無償配布したそうです。


山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
マスクは現在も日本全国で品薄になっていますからね。
呉市のような対応が広島県内、全国へと広がるといいですね。
今回は東広島市で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
使用材料:ゴムアスルーフィング 他
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】


工事の様子

瓦屋根の葺き替え工事は、

お住まいのリフォームの中でも高額な部類に入ります。

しかし、丈夫でメンテナンスフリーと言われる瓦屋根も、

長年の太陽光や紫外線、雨風の影響により徐々に劣化します。

また、近年でも多く発生している

台風や地震などによる自然災害によっても劣化することがあります。

一部の瓦が劣化しているなどの軽度であれば、

瓦の一部差し換え(交換)や漆喰の塗り替えで補修可能です。

しかし、屋根全体の瓦が破損している、屋根の下地が破損してしまった

という場合は葺き替え工事をする必要があります。

また、近年では地震対策として

耐震性を上げるために葺き替え工事を行うお住まいも増加しています。

今回はそんな瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。

 

工事開始です。まず既存の瓦を撤去します。

葺き替え工事では瓦や下地から交換を行います。

その為、既存の瓦を撤去する作業から始まります。

この際にまだ劣化が進んでいない瓦があれば、再度利用することもできます。

次に防水紙であるゴムアスルーフィングを貼ります。

ルーフィングシートは、屋根の防水には欠かせない建材です。

破損した防水紙がありましたら、早めに交換しておきましょう。

次に瓦桟木を打ちつけます。

これから並べる瓦をひっかける為に設置します。

この際に桟木がずれてしまうと、瓦同士に隙間が出来てしまい、

雨漏りする原因にもなります。全体のバランスを見ながら慎重に設置します。

瓦の葺き上げ作業に入ります。新しい瓦は束で屋根に上げ、

前の工程で設置した瓦桟木に沿って並べていきます。

今回は以前の瓦は再利用せず、すべて新しい瓦を使用しました。

瓦を並べ終りましたら、棟を積み上げます。

垂木と呼ばれる棟の土台を設置し、その周りを白い漆喰で固めます。

以前は、棟の土台は葺きと呼ばれる土を使用していました。

しかし、現在では耐震性などを考慮し葺き土よりも

木材である垂木の方が採用されることが多くなってきました。

最後に上から雁振(がんぶり)瓦を被せ、工事完了です。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

今回は瓦屋根から
瓦屋根への葺き替え工事でしたが、
瓦屋根から金属屋根やスレート屋根に
葺き替えることも可能です。
どの素材がいいのか、お住まい周辺の環境や劣化状況によっても
変わってきますのでまずは専門家に相談してみましょう。

山根夕佳山根夕佳

山崎部長、ありがとうございました。
コロナウイルスの感染者が関東のみではなく、
沖縄や北海道などにも出始めました。
人の行き来が激しい現代では、
完全に防ぐことは難しいかもしれませんね。
私たちでもできる、マスクの着用や手洗いうがい、
睡眠を十分にとるなどの対策をしておきましょう。
瓦屋根以外にも金属屋根、スレート屋根などの
工事も行っております。お気軽にご相談ください。