グレイト石川グレイト石川

こんにちは、グレイト石川です。
今日は「万国郵便連合加盟記念日」です。
明治~昭和の初めまでは
郵便局員は拳銃の所持が認められており、
郵便物を届けていたそうです。
昔は今と異なり、郵便物を狙った事件も多かったのです。



人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
今も郵便は私たちの生活に欠かせないものの1つですよね。
日本の歴史が垣間見えて面白いですね。
今回は東広島市で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン 他
築年数:24年前後

【工事前】


【工事後】

 


工事の様子

今回のようにお住まいの2Fも含めた外壁塗装や

屋根の工事の場合は、足場を組むことから始めます。

足場は高所で作業する職人の安全性を考慮するうえでは欠かせません。

足場を組んだ後、保護シートを覆うように設置します。

保護シートは清掃時の水や塗料の飛び散りを防ぐ他、

施工中のお住まいを隠す役割もあります。

それでは工事を開始しましょう。

まず外壁全体の清掃から行います。高圧洗浄機で

外壁に付着した砂や埃など小さな汚れを含み、落としていきます。

この時、流れ出る水が真っ黒になることもあります。

見た目に大きな変化がなくとも、外壁は汚れていることが多いのです。

次にひび割れ(クラック)や剥がれなどの傷んだ箇所を補修します。

小さなひび割れにはシーリング材を充填しますが、

外壁の表面に浮きが見られた場合はシーリング材では十分に修理できません。

浮きが出た周辺の塗装から剥がし、

モルタルで周囲と同じ高さになるように薄く埋めていきます。

下地の補修が終りましたら、下塗りを行います。

下塗り塗料にはミラクシーラーエコを使用しました。

ここまで流してみているので一日でも終りそうな工程に思えますが、

実際は足場を立てるのにも一日以上かかり、

洗浄後の外壁を乾燥させる時間も必要となります。

外壁の塗装は思っているよりも多くの時間がかかることも知っておきましょう。

下塗り塗料を乾かす時も時間を置きます。

この時に雨が降っていたり、曇りで乾くのに時間がかかる場合もあります。

スケジュールは余裕をもって考えておくといいですね。

それではメインのプレミアムシリコンを塗っていきましょう。

鉄部のけれん掛けも行います。

鉄部には錆などの汚れもあるため、高圧洗浄機のみでは

落としきれないことも多いので注意が必要です。

けれん掛けで表面を綺麗にした後、錆止め塗料を塗ります。

最後にウレタン塗料で中塗り・上塗りと2回塗れば鉄部の塗装完了です。

ローラーのみでは細部まで塗装が難しい形状が多いので、

刷毛などを使用して隅々まで丁寧に塗装します。

塗装が乾き、足場を撤去し工事完了です。

 

グレイト石川グレイト石川

外壁の塗装は決して安い工事ではありません。
しかし、長く安心できるお住まいを維持するためには
欠かせない工事でもあります。折角、大きな金額で塗装するのですから、
より長く、より綺麗にしたいですよね。
その為にはまずお住まいの現状を知らなければいけません。
専門家の目で隅々まで確認してもらうようにしましょう。


人総部T女史人総部T女史

石川監督、ありがとうございました。
某コンビニ店がレジのない店舗の実験を行うそうです。
世界では一部実施されているレジのない店舗ですが、
日本でも少しずつ普及すると従業員さん達の
労働改善に繋がるかもしれませんね。
外壁や屋根など、お困りごとがありましたら、
お気軽にご相談ください。