阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
北広島町のスキー場で天然の雪が積もり、
今季の営業を開始したそうです。



山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
雪は私たちにとって降らなければ過ごしやすいですが、
スキー場などの施設にとってはつらいですよね。
スキーを楽しまれている方も多く、
遅くなりましたがやっと冬が来たように思います。
今回は広島市安佐南区でクロスの貼り替えなどの内装工事を行いました。



工事情報

工事内容:お風呂取り替え・内装工事
築年数:20年前後

【工事前】


【工事後】

 


工事の様子

工事開始です。

まず傷んだ床の剥ぎ取り作業から開始します。

剥がした床の下地としてコンパネを貼ります。

合板の1種である「コンパネ」。

床の工事やホームセンターなどにいった時に、

聞いたり、目にしたことがあるかもしれませんね。

コンパネという名称は、コンクリートパネルの略称です。

厚さは12mmのものが多く、安価でありながらも利便性が高い板材です。

そんなコンパネの特徴の1つは「剥離剤」です。

もともとコンクリートを剥がすことを想定としていた為、

耐水性のある剥離剤が塗布されているものが多いです。

このコンパネを隙間が開かないように、

上下左右を確認しつつ貼り合わせていきます。

次に内壁のクロスを撤去します。

あなたのお住まいの壁紙にも、

縦に入った継ぎ目はありませんか?

クロスはシートをそのまま貼っていますので、

どうしても継ぎ目を完全に隠すことができないことがあります。

この継ぎ目は古いクロスを剥がす際には目印となり、

継ぎ目部分からゆっくりと内壁の下地を傷つけないように剥がします。

クロスを貼ります。

こちらも貼るときに空気が入ってしまったり、

しわも出てしまう恐れがあります。

時間はかかりますが、少しずつ丁寧にしわを伸ばしながら貼っていきます。

次にコンパネを貼った上から、CFシートを貼ります。

CFシートとはビニール系の床シートの一種です。

クッションフロアとも呼ばれているので、

聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

カラーバリエーションやデザインが豊富で、

多くのお住まいの雰囲気に合わせることが出来ます。

また、汚れを水で拭き取ることもできるので、

キッチンやトイレ等の水回りの床にも使用されています。

以上で、施工完了です。

今回はクロスの張り替えなどの内装工事の様子をピックアップしてご紹介しました。

一部説明を省略している箇所もありますが、

大体こんな感じの流れで工事が行われているんだ、と思っていただけたら幸いです。

阿部でございます阿部でございます

内装工事は弊社でも人気のリフォームの1つです。
その理由はお客様のお考えやご事情によっても様々ですが、
1つはやはり、毎日生活する中で目にしやすいからではないでしょうか?
お住まいの内装工事は今回のように、
見た目を整え綺麗にするだけではなく、
より便利な機能を付け、あなたの生活を豊かにすることもできます。

山根夕佳山根夕佳

阿部さん、ありがとうございました。
キッチンやお風呂などの内装工事のみではなく、
雨樋や瓦屋根などの工事も行っております。
お気軽にご相談ください。