レインボー小泉レインボー小泉

こんにちは、レインボー小泉です。
最近話題になっている出前サービスが
中四国初、広島市で始まったそうですよ!
1品からでも注文できるようですし、便利で良いですね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
アプリで今どの辺りまで運ばれているかといった状況も分かるそうですね!
是非使ってみたいと思います。
広島市東区で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦葺き替え工事
築年数:40年前後

【工事前】

 

【工事後】


工事の様子

工事前は写真の通り、瓦にひび割れや欠けている部分が見られ

瓦を剥がしてみると防水紙が破れて下地も傷んでいる状態でした。

このような場合は、下地の補修もしなければならない為

工期やコストの掛かる葺き替え工事を行います。

その分、全て補修されるので塗装や部分補修に比べ

長期的に見るとコストパフォーマンスが優れています。

レインボー小泉レインボー小泉

お住まいが劣化し、
補修が必要な際に
どのような工事が必要になるか知っておく為にも
まずは専門の方による診断を受けてみましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、瓦の葺き替え工事の様子をお伝えします。

 

職人が安全且つ効率よく作業を進める為に足場を設置し、工事開始です。

まずは既存の劣化した瓦や棟を撤去していきます。

和瓦は頑丈な素材であり、

環境によっては50年から100年持つこともあると言われています。

あまり傷んでいない瓦は、再利用も可能です。

 

撤去を終えたら、傷んだ下地に補修を行います。

 

次に、瓦の隙間から入り込んだ雨水が侵入する事を防ぐ

防水紙(ルーフィング)を貼り、その上から瓦を固定する浅木を設置します。

防水紙は経年劣化や、雨水を吸収し過ぎる事で

工事前の様に破れてしまいます。

雨漏れの要因にもなるので、定期的なチェックが必要です。

等間隔に置かれた浅木の上に瓦を設置していきます。

今回は、石州瓦を使用しました。

石州瓦は島根県の石見地方で生産されており、

耐寒性に優れている人気な和瓦です。

 

瓦を並び終えたら、棟を積み上げていきます。

棟の土台である棟浅木を設置し、その周りを白い漆喰で固めます。

仕上に熨斗瓦や冠瓦を乗せ、工事完了です。

 

今回は、瓦屋根から同じく瓦屋根への葺き替え工事でしたが、

スレート瓦や金属瓦等、他の屋根材での葺き替えも可能です。

レインボー小泉レインボー小泉

お住いの築年数や劣化具合、
自然環境によって住宅に合う屋根材は異なります。
工事前には、まず専門の方と相談をしてみましょう!

小田佳奈小田佳奈

小泉監督、ありがとうございました。
福岡県でも新型肺炎に感染された方が確認されたそうです。
手洗いうがいや、身の回りのものを除菌する等して
身近な病気と考えて予防をしましょう!
瓦屋根以外にも金属屋根、スレート屋根などの
工事も行っております。お気軽にご相談ください。