もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
広島のホテルで、春限定のランドセルケーキが登場するそうですよ!
テイクアウト専用との事なので、お祝いにもぴったりですね。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
他にもイチゴが多く乗っているケーキもあるそうですね!
春の味覚を楽しみたいですね。
今回は、広島市東区で欠けた外壁の補修工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁補修工事
築年数:35年前後

【工事前】

 

【工事後】


工事の様子

外壁の劣化状況には段階があります。

①表面の塗装が薄くなったり、表面の塗膜にひび割れが発生する。

②下地にひび割れが発生する。

③下地のひび割れが広がり、剥がれ落ちる。

今回は、重症である③の状態でした。

欠けた部分が落ちたり強風等で散る事で、周辺の物や人を傷つけてしまう恐れがあります。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

更に欠けた部分から雨水が侵入する事で
建物の構造体が腐敗し、建物の強度が落ちる要因にもなります。
劣化は早い内に対処しましょう!

寺本園子寺本園子

今回は、外壁の補修・塗装工事の様子をお伝えします。

 

今回は、2階の外壁部分の補修も行いますし

仕上げの塗装工事では塗料が周辺に散る事もあります。

足場や保護シートを設置し、工事開始です。

 

まず高圧洗浄機を使用し、外壁に付着している汚れを落としたり

下地が露呈している箇所はブラシで綺麗にしていきます。

 

次に、下地の補修を行います。

塗装をする前に、下地は平らな状態にします。

まず、細いひび割れ(クラック)にはコーキング材を充填し

ひび割れを塞いでいきます。

一部欠けていた箇所には、下地と同じ素材であるモルタルを塗る事で

欠けた部分を補い、平らな状態にします。

コーキング材やモルタルがしっかりと乾いた事を確認したら、表面の塗装を行います。

外壁の塗装には2種類の塗料を使用しました。まずは下塗り塗料です。

今回は、「ミラクシーラーエコ」という塗料を使用しました。

写真の通りあまり色は付いておらず、下地の色が透けています。

この下塗りで使用される塗料には、色を付ける役割はありません。

仕上げに塗る塗料をしっかりと下地に密着させ、耐久性を向上させる役割を果たします。

 

下塗り塗料が乾いたら、仕上げの塗装を行います。

今回は、「セラミシリコン」という塗料を使用しました。

この塗料は重ね塗りをします。

1度塗装しただけでは塗膜が薄く、下地を保護する機能性が劣ります。

重ね塗る事で頑丈な塗膜が出来上がりますし、

色もしっかりと濃く付くので、美観も綺麗になりますよ。

 

色ムラや塗り残しがないか確認をし、

足場や保護シートを解体したら工事完了です。

 

今回下地で使用されているモルタルには、防水性がありません。

表面を塗膜で覆う事で水分から守られています。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

外壁の塗膜は約10年前後で劣化します。
一見、色あせているだけであっても、防水性も低下しているサインなので
定期的にメンテナンスをし、お住いの健康寿命を延ばしましょう!

寺本園子寺本園子

藤崎部長、ありがとうございました。
この週末は3連休ですね!
しかし天気予報を見ると、花粉も多く飛ぶようです。
お出かけの際は花粉対策をしっかりとして下さいね。
屋根・外壁のみではなくお住まい全体の診断も行っております。
お気軽にご相談ください。