本田ブルー本田ブルー

こんにちは、本田ブルーです。
広島県では市内のモデル校に、
学校内にイートインコーナーを設け、
朝食の大切さを知ってもらう取り組みを開始しました。



小田切美恵小田切美恵

こんにちは、小田切です。
私も朝忙しく、つい朝食を抜いてしまうこともあるのですが、
校内にあると嬉しいですね。
しっかり朝食を食べるように私も心がけます!
今回は広島市安佐南区で瓦屋根の葺き替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え工事
築年数:30年前後

【工事前】


【工事後】

 


工事の様子

工事開始です。

まず瓦を屋根の上から撤去します。

瓦は劣化が酷くなければ再利用が可能ですが、

ひび割れや欠けといった症状がみられた場合は新しい瓦にする必要があります。

こちらの住宅では、屋根が傷むと劣化の酷い一部の瓦のみ交換していたそうです。

しかし、瓦の一部交換は屋根全体でみると、

既存の瓦と新しい瓦とで色あせ具合が異なり、

どうしても新しい瓦が目立ってしまいます。

今回のように全体が傷んでいる場合は思い切ってすべて新しい瓦にする、

という選択肢も考えておくといいですね。

屋根の頭頂部にある棟も崩していきます。

瓦や棟の撤去作業では、取り外した既存の瓦や土など多くの撤去物が出ます。

特に重量のある瓦は下へ落下すると、大怪我をしてしまう恐れがありますので、

目の届く一か所にまとめて管理し、落下しないように気を付けます。

撤去が終りましたら、下地補修を行います。

瓦屋根は瓦のみで出来ているのではありません。

瓦の下には防水紙(ルーフィングシート)や野地板などがあります。

これらは劣化してもなかなか交換できませんので、

このような葺き替え工事の際にまとめて交換します。

ルーフィングシートの上から一定間隔で桟木を設置します。

桟木は瓦を支え、並べる目安にもなります。

屋根は広いですから、上下左右を確認し取り付けます。

次に瓦を設置します。前の工程で設置した桟木の上から

被せるように瓦を並べていきます。この時に瓦同士に隙間を作ると雨漏りや

屋根下地の劣化原因にもなります。横の瓦の一部をひっかけるように並べます。

瓦を並べ終りましたら、棟を作ります。

まず棟の土台となる桟木を設置し、桟木の周りを漆喰で固めます。

この棟の土台は以前、葺き土と呼ばれる土を使用していました。

しかし、近年では耐震性の向上等の理由から、

今回のように桟木を土台とし漆喰で固めています。

最後に棟瓦を上から被せ、棟の完成です。

以上で瓦屋根の葺き替え工事完了です。

屋根の葺き替え工事は瓦屋根のイメージが強いですが、

瓦屋根から金属屋根など素材を変えることも出来ます。

本田ブルー本田ブルー

葺き替え工事は屋根工事の中でも大きな工事です。
あなたやご家族が安心して暮らせる
お住まいにする為に、適切な施工をしましょうね。


小田切美恵小田切美恵

本田監督、ありがとうございました。
広島県では新型肺炎の情報などを、
ふりがなや簡単な言葉に変えた文章をHPで公開してます。
近年増えている外国人の方や小さなお子さんにも
分かりやすい文章になっているそうです。
必要な情報が素早く誰でも理解できるような
システムになれば安心ですね。
屋根・外壁のみではなく、
キッチンやお風呂といった内装の工事も行っています。
お気軽にご相談ください。