三分オレンジ三分オレンジ

こんにちは、三分オレンジです。
山口県の周防大島町で早咲きの桜が見頃だそうです。
今月末まで楽しめるそうなので、
春の風物詩である桜で癒されたいですね。


小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
桜を見ると「春」を感じますよね。
週末に家族で出かけてみたいと思います。
今回は広島市南区でお風呂の改修工事を行いました。

工事情報

工事内容:お風呂改修工事
築年数:23年前後

【工事前】


【工事後】


工事の様子

工事開始です。

まず既存の床や浴槽を解体します。

解体する時は浴室の周辺に破片などが飛び散ってしまう恐れがあります。

予め工事をしない場所や傷つけたくない場所に、

ビニールシートやテープを貼り、養生しておきます。

次に壁の下地補修を行います。

次に浴槽据付けます。

浴槽の足の位置にブロックを据え付けるためのモルタルを塗り、

ブロックの上に新しい浴槽を取り付けます。

浴槽を設置する際には土台がしっかりとしていなければなりませんが、

浴槽の下は土になっている為、ブロックを設置し水平に保つことで、

浴槽が傾くことを防いでいます。

壁タイルを貼り付けます。浴槽の周りや壁をモルタルで塗り、

タイルを貼ります。

次に土間の下地補修です。

タイルが張れるようにモルタルを塗り、真っ直ぐな下地を作ります。

次にタイルの間に目地を入れます。

目地材を床タイルの全般に入れていきます。

この時点で床タイルが広くなっているのが写真でも分かりますね。

以上で施工完了です。

タイルの種類は、デザインやカラーバリエーションも豊富で、

浴室の雰囲気を壊さず使用できます。

また耐熱性や耐水性に優れていますので、

綺麗な浴室を維持することが出来ます。

しかし、タイルにも浴槽にも寿命があります。

いくら耐久性に優れているといっても、

ひび割れが出来てしまえば下地に水が回ってしまいますし、

徐々にお住まいも劣化していきます。

 

三分オレンジ三分オレンジ

部分補修であればDIYで費用も少なくて済みますが、
浴槽が傷んでいる場合や浴室全てのタイルを
交換・補修する場合は表面のみではなく
下地にも水が入り込んでいることもあるため、注意が必要です。
専門家に診てもらい、適切なリフォームをしましょう。

小田佳奈小田佳奈

三分さん、ありがとうございました。
本日の夜から明日まで広島県では雨の予報です。
寄り道せずに帰りましょうね。
雨は私たちの体を冷やすだけではなく、
お住まいの屋根や外壁にも悪影響を及ぼします。
新築や再塗装・メンテナンスをしたばかりの
お住まいなら安心ですが、築年数が経っている場合は
要注意です。まずは専門家による診断を受けましょう。