植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
スーパーやコンビニなどで桜がパッケージの
お菓子をよく見るようになりました!
桜色などパステルカラーで華やかなので、
気持ちも明るくなりますよね。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
私も先日、春を感じる梅の形の和菓子を頂きました!
最近ぐずついた天気の日が多いので、
暖かい陽気の春が待ち遠しいですね。
今回は、山口県岩国市で和室のジュラク壁の塗り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:台所改修工事・内装工事
築年数:43年前後

【工事前】

 

【工事後】

 

工事の様子

今回のお住まいではジュラク(聚楽)壁が使用されていました。

ジュラクとは、和風住宅や和室で古くから使用されている塗り壁のひとつです。

京都の聚楽跡地で産出された貴重な土を使用し、

職人が手作業で塗る事で仕上げられます。

調湿性、断熱性、防火性、吸音性が優れている等メリットも多くありますが

脆い為、剥がれたりひび割れが生じやすいというデメリットもあります。

植松綾乃植松綾乃

ひび割れや傷は広がりやすいです。
見つけたら早めに補修をしましょう!

小田佳奈小田佳奈

今回は、ジュラク壁の塗り替え工事の様子をお伝えします。

 

今回は内壁の補修の為、周辺に塗料が付着する可能性があります。

工事前に家具や家電を移動させたり、

塗装をしない箇所にはビニールシートや

マスキングテープを取り付けて養生をし、工事開始です。

 

まずは下地を整え表面を綺麗にした後、下塗りを行います。

下塗りには下地を保護し、下地と塗料を密着させる役割があります。

広い範囲であり一気に塗るのは難しいので

塗って乾燥させるというのを繰り返し、表面に光沢が出たら下塗りは完了です。

 

次に、上塗りを行います。

今回は写真の通り、白い上塗り材を使用しました。

上塗りは、メーカーによってはカラーバリエーションが豊富ですし

職人の手によって様々なデザインでの仕上も可能です。

適量を均一に塗るのは、長年の経験や知識が必要ですし

職人の腕の見せ所とも言えますね。

 

完全に塗料が乾いてしまうと、養生と一緒に塗料が剥がれやすいので

半分乾いた状態で慎重に養生を剥がします。

そして完全に乾いたら最終確認や清掃をし、工事完了です。

 

ジュラクの劣化については、塗り替えによる補修以外にも

クロスを上から貼ったり、同じ自然素材である漆喰を塗るといった補修方法もあります。

植松綾乃植松綾乃

リフォームによってどのように室内を演出するか等
工事の前には業者や担当の方としっかりと打合せをして、
理想を形にし、より快適な毎日を送られる様にしましょう!

小田佳奈小田佳奈

植松さん、ありがとうございました。
全国の公立小中学校、高校が新型肺炎の影響で休校要請が出ましたね。
私達も、人混みが多い場所や密室等
感染リスクのある場所はなるべく避けて、
身を守る行動を心掛けましょう!
お部屋の壁や床などのリフォームも取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。